MENU

Soracom

Users

Harvest Data で可視化する

JSON 形式で送信された数値データおよび位置情報は SORACOM ユーザーコンソールの「SORACOM Harvest Data」メニューから可視化できます。

SORACOM Harvest の一次処理済みデータ、グラフ用データにはそれぞれ以下のようなデータが表示されます。

  • 一次処理済みデータ: バイナリで送信されたデータを Base64 形式でデコードしたデータ(JSON の場合は送信されたデータと同じになります)。
  • グラフ用データ: 一次処理済みデータが JSON 形式であった場合、"値名":数値 となっている部分を抽出したデータ。
Harvest Data へ送信するデータの種類に制限はありませんが、上記のルールでグラフ用データを抽出できなかった場合は可視化できません。
  • 自動更新 (5 秒)を ON にすると、5 秒おきに新しいデータを取得します。ただし複数のデバイスのグラフを表示させる場合は 60 秒ごとの更新になります。
  • 一度にグラフが表示できるデータの上限は 100, 500, 1000 から選択できます。自動で更新が ON のとき時のみ設定した数以上のデータが追加で表示される場合がありますが、その状態で検索ボタンを押した場合やブラウザをリロードした場合は指定した期間内かつ設定した上限数のデータのみが表示されます。
  • 下部にある「高度な設定」タブで、グラフに描画しない項目を指定できます。LoRa デバイス や Sigfox デバイスなどからデータを送信していて、seqNumber や rssi など、可視化に必要ないデータを非表示したい場合にご利用ください。
  • グラフおよび地図上で、マッピングされたデータをクリックすると、下部にある「プレビュー」タブでどのような JSON データが表示されているか確認できます。

数値データの可視化

  • グラフの種類は「折れ線グラフ」「集合棒グラフ」「積み上げ棒グラフ」から選択できます。
  • 縦軸は値に応じて自動的に調整されます。ただし、任意の最大値と最小値を指定できます。
  • グラフの凡例をクリックすると、要素ごとにグラフの表示・非表示を切り替えられます。絞り込みの状態はリソースごとにご利用のブラウザに保存されます。
  • グラフの凡例をダブルクリックすると、単一の要素のグラフだけを表示できます。

位置情報の可視化

  • 位置情報では送信された JSON データに含まれる “lat (または latitude)”, “lon (または longitude, lng, long)” の文字列から、緯度と経度を抽出して地図にマッピングします。
  • たとえば、latlatitude が両方送信され、グラフには一方の情報のみを表示させたい場合は「高度な設定」にて「グラフに描画しない項目」として lat を登録してください。

ネストされた JSON の扱い

SORACOM Harvest Data に送信されたデータを SORACOM ユーザーコンソール上で可視化する場合、ネストされた JSON 形式のデータはプレフィックスを付与した形で階層をなくした状態で参照できます。以下に例を示します。

Harvest に送信した JSON データ

{
  "time": 123455656,
  "gps": {
    "lat": 23.354,
    "lon": 2.0,
    "speed": 123
  }
}

Harvest のコンソール上では、以下のようなフォーマットで参照できます。

{
  "time": 123455656,
  "gps.lat": 23.354,
  "gps.lon": 2.0,
  "gps.speed": 123
}