MENU

Soracom

Users

SORACOM Inventory の特徴

Inventory では、このプロトコルを利用してデバイスと SORACOM プラットフォームで通信を行い、API やユーザーコンソールから、デバイスのデータの読み書き (Read, Write)、コマンドの実行 (Execute)、デバイス情報の更新通知を取得 (Observe, Unobserve)や SORACOM アプリケーションサービスを使用したクラウド連携ができます。

以下に対応したエージェントを提供しています。

  • Linux 向けサンプルエージェント (C クライアント)
  • サンプルエージェント (SORACOM Inventory Agent for Java)

IoT SIM を使用せず Inventory を利用する ( デバイス登録時に払い出された Key でデバイスを管理する)こともできます。たとえば、SORACOM Inventory では、デバイス登録時に払い出されるデバイス ID とデバイスシークレットを使用した HTTP リクエストで SORACOM Harvest 連携ができます。 SORACOM Air やデバイスエージェントを使用することなく Harvest にデータを蓄積し、可視化できます。