Soracom

Users

ドキュメント

デバイス ID とデバイスシークレットを使用して Harvest にデータを送信する

SORACOM Inventory では、デバイス登録時に払い出されるデバイス ID とデバイスシークレットを使用した HTTP リクエストで SORACOM Harvest 連携ができます。 SORACOM Air やデバイスエージェントを使用することなく Harvest にデータを蓄積し、可視化できます。

はじめに

当ガイドでは、デバイス登録時に払い出された Key を使用して、IoT SIM を使用することなく SORACOM Harvest にデータを送信します。 当ガイドの前提は以下のとおりです。

  • SORACOM のアカウントを作成済みであること
  • デバイス (OS:Linux) が準備されており、インターネット接続可能であること

ステップ 1: デバイスを登録する

デバイス管理メニューからデバイスを登録します。 メニューの[デバイス管理]から[デバイスを追加]を選択します。

デバイス登録費用が発生します。無料枠がありますので SORACOM Inventory のご利用料金 をご確認ください。

device registration device registration

デバイス名とグループを設定します。

グループがない場合は、グループを作成 します。

device registration device registration

デバイスを作成するとデバイス ID とシークレットキーが生成されます。必ずメモしてください。

device registration device registration

ステップ 2: グループの設定

次に「ステップ 1: デバイスを登録する」で作成したグループで Harvest Data を有効化 します。

SORACOM Harvest Data の設定はグループに対して行います

ここでは、グループの設定を変更する操作のみを説明します。グループの仕組みやグループを作成する操作について詳しくは、グループ設定 を参照してください。

デバイスグループの SORACOM Harvest Data を設定します。

SORACOM Harvest Data の設定について詳しくは、Harvest Data を有効化する を参照してください。

device registration device registration

ステップ 3: HTTP リクエストの実行

ステップ 1 で払い出された Key を使用して Inventory と接続します。

HTTP リクエストは GET、POST で送信できます。いずれも {"temp":20} を送信しています。

当サンプルは日本カバレッジの Inventory の例です。グローバルカバレッジの Inventory をご利用の場合は、以下それぞれのコマンドに記載されている https://api.soracom.io の箇所を https://g.api.soracom.io に置き換えてください。

API リクエスト数の制限
https://api.soracom.io/v1/devices/<デバイスID>/publish へのリクエストは呼び出し元の IP アドレス単位で 1 分間あたりの最大リクエスト数を定めています。リクエスト数の上限に達した場合は、HTTP レスポンスのステータスコードとして 429 (Too Many Requests) が返却されます。少し間をおいてから再度実行してください。

POST

curl -X POST --header "x-device-secret: <シークレットキー>" -d "{\"temp\":20}" https://api.soracom.io/v1/devices/<デバイスID>/publish

GET

curl -X GET --header "x-device-secret: <シークレットキー>" "https://api.soracom.io/v1/devices/<デバイスID>/publish?temp=20"

GET

curl -X GET "https://api.soracom.io/v1/devices/<デバイスID>/publish?device_secret=<シークレットキー(URL encode)>&temp=20"

シークレットキーをクエリパラメータで指定する場合は、URL エンコーディングが必要となります。

Harvest データの確認

HTTP リクエストしたデータは、以下のように確認できます。 デバイスを選択し、「操作」→「データを確認」をクリックします。

device registration device registration

以下のように送信データを確認できます。

device registration device registration