MENU

Soracom

Users

デバイス登録時に払い出された Key でデバイスを管理する

当ガイドでは、IoT SIM を使用することなくデバイス登録時に払い出された Key を使用して、Inventory と接続します (接続するとデバイスがオンラインとなります。)

当ガイドの前提は以下のとおりです。

  • SORACOM のアカウントを作成済みであること
  • デバイス (OS:Linux)が準備されており、インターネット接続可能であること

ステップ 1: デバイスを登録する

デバイス管理メニューからデバイスを登録します。 メニューの[デバイス管理]から[デバイスを追加]を選択します。

デバイス登録費用が発生します。ただし、無料枠がありますので、SORACOM Inventory のご利用料金をご確認ください。

device registration

デバイス名をグループを設定します。

device registration

デバイスを作成するとデバイス ID とシークレットキーが生成されます。必ずメモしてください。

device registration

ステップ 2: 払い出された Key を使用して、Inventory と接続する

ステップ 1 で払い出された Key を使用して Inventory と接続します。 接続方法は、 Linux 向けサンプルエージェント (C クライアント)と サンプルエージェント (SORACOM Inventory Agent for Java)で異なります。

エージェントのインストール方法は、 SORACOM Inventory を使用してデバイスを管理し情報を収集する を確認ください。

Linux 向けサンプルエージェント (C クライアント)

Linux 向けサンプルエージェント (C クライアント)の場合、シークレットキーは base64 デコードして hex string にする必要があります。 base64 デコードおよび hex string への変換は、例えば Linux の場合は以下のコマンドで取得できます。

echo <secretKey> | base64 --decode | hexdump
0000000 xx xx xx xx xx xx 2e 58 e6 a7 92 35 03 e4 eb e2
0000010

上記で取得した hex string (上記の場合 xxxxxxxxxxxx2e58e6a7923503e4ebe2)を使用して Linux 向けサンプルエージェント (C クライアント)を実行します。 Linux 向けサンプルエージェント (C クライアント)のインストールディレクトリから、以下のコマンドを実行します。 deviceId はデバイス ID、secretKey は base64 デコードして hex string に変換したシークレットキー、host は日本カバレッジの場合 jp.inventory.soracom.io、グローバルカバレッジの場合 g.inventory.soracom.io となります。

$ lwm2mclient -n $(hostname) -i <deviceId> -s <secretKey> -h <host> -p 5684 -4 -c

サンプルエージェント (SORACOM Inventory Agent for Java)

SORACOM Inventory Agent for Java のインストールディレクトリから、以下のオプションコマンドを実行します。 hostdeviceIdsecretKey は、それぞれホスト名 (日本カバレッジの場合 jp.inventory.soracom.io、グローバルカバレッジの場合 g.inventory.soracom.io)、デバイス ID、シークレットキーとなります。

$ soracom-inventory-agent-example-start -u <host> -i <deviceId> -p <secret>

上記のように、デバイス ID とシークレットキーを使用することで、Inventory と接続できます。 ユーザーコンソールでデバイスがオンラインになっていることを確認してください。