Soracom

Users

ドキュメント

グループ設定

Namespace: SoracomKrypton 

Amazon Cognito 

コンフィグパラメータ 

"SoracomKrypton": {
  "enabled": true | false, // 機能自体のオンオフ、デフォルトは false
  "AmazonCognito": {
    "region": "us-xxx-xx", // 使用する Cognito のリージョンとなります。
    "credentialsId": "aws-iot-xxx", //ソラコムの認証情報ストア名を指定します。
    "identityPoolId": "us-west-2:xxxxxxxx-xxxxx-xxxxxxx", //CognitoのIDプールのIDです。
    "developerProviderName": "krypton.soracom.io" // Cognitoで設定したdeveloperProviderNameを指定します。
  }
}

設定例 

[
  {
    "key": "enabled",
    "value": true
  },
  {
    "key": "AmazonCognito",
    "value": {
      "region": "us-west-2",
      "credentialsId": "aws-credential",
      "identityPoolId": "us-west-2:xxxxxxxx-xxxxx-xxxxxxx",
      "developerProviderName": "krypton.soracom.io"
    }
  }
]

AWS IoT 

コンフィグパラメータ 

"SoracomKrypton": {
  "enabled": true | false, // 機能自体のオンオフ、デフォルトは false
  "AwsIot": {
    "region": "us-xxx-xx", // 使用する AWS IoT のリージョンとなります。
    "credentialsId": "aws-iot-xxx", //ソラコムに設定した認証情報ストア名を指定します。
    "policyName": "us-west-2:xxxxxxxx-xxxxx-xxxxxxx", //新しく作成された証明書に割り当てるポリシー名を入力します。
    "thingNamePattern": "myDevice-$imsi", // クライアントが指定していない場合に使用する Thing name を入力します。 `$imsi` と指定するとプレースホルダーとして IMSI に置き換えます。
    "host": "xxx.iot.us-west-2.amazonaws.com"
  }
}

設定例 

[
  {
    "key": "enabled",
    "value": true
  },
  {
    "key": "AwsIot",
    "value": {
      "region": "us-west-2",
      "credentialsId": "aws-credential",
      "policyName": "myThingPolicy",
      "thingNamePattern": "myDevice-$imsi",
      "host": "xxx.iot.us-west-2.amazonaws.com"
    }
  }
]