Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Lagoon

Dashboard を作成し、ほかの Lagoon ユーザーや任意の第三者と共有

SORACOM Lagoon は、複数のグラフ、テーブル、リスト、地図などを組み合わせた Dashboard を作成できるサービスです。

Dashboard を作成すると、IoT デバイスが Harvest Data に保存したデータや、Harvest Files に保存したファイルを可視化できます。

lagoon_overview lagoon_overview

データやファイルを適切に可視化できれば、担当者が Dashboard を見るだけで、必要最小限の行動を判断できます。たとえば、多くのデバイスを管理していて、デバイスの充電忘れを防ぎたいケースを考えます。下図のように Graph (折れ線グラフ) と Gauge (高 / 低) を使って、すべてのデバイスの電池残量を表示する Dashboard を作成すると、充電を始める必要があるデバイス (電池残量が少なくて充電中ではないデバイス) を判別できます。

この Dashboard では、高 / 低のアイコンで現在の電池残量を表示するだけでなく、折れ線グラフで電池残量の変化も表示しているため、以下の情報が読み取れます。

  • 充電を始める必要があるデバイスは Device-3 (左下) だけである
  • Device-1 と Device-4 も電池残量は低いが、折れ線グラフが上向きになっているので、すでに充電中である

はじめに

Getting Started

より進んだ使い方

SORACOM Lagoon コンソールの管理

Dashboard の管理

Row の管理

Panel の共通機能

Panel の可視化の種類

Alert 機能

応用機能

移行ガイド

リファレンス