MENU

Soracom

Users

テンプレートを使用して Dashboard を作成する

このドキュメントでは SORACOM Lagoon (以降、Lagoon) の Dashboard をテンプレートから作成する手順を解説します。テンプレートを用いずに作成する方法は サンプルデータソースを使用して Dashboard を作成する を参照してください。いずれのドキュメントにおいてもサンプルデータソースを用いるためデバイスやデータが用意できていなくとも利用できます。

以下の画像のような Dashboard を簡単にテンプレートからインポートし、Lagoon による可視化を検証できます。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

  • SORACOM のアカウントを作成済みであること
  • お支払方法を設定済みであること

ステップ 1: Lagoon の利用を開始する

Lagoon は設定を有効化することですぐに開始できます。 SORACOM のユーザーコンソールメールアドレスパスワードを使用してログインし Menuデータ蓄積・収集・可視化: SORACOM Lagoon をクリックします。

SAM ユーザー では Lagoon の利用を開始できません。ルートアカウントでログインし実施してください。

ユーザーの種類によって以下のようにログイン方法が変わります。 SORACOM の基本知識・基本操作: SORACOM アカウントについて もご参照ください。

  • ルートアカウント: メールアドレスパスワードを使ってログインします。
  • SAM ユーザー: OP で始まる 12 桁のオペレーター IDSAM ユーザー名パスワードを使ってログインします。

Side menu

Lagoon を有効化する

Lagoon の利用を開始する ボタンをクリックします。

Lagoon の利用を開始する

使用するプランとして、ここでは Free を選択し 次へ をクリックします。

プランの選択

パスワードを設定します。このパスワードは SORACOM コンソールのルートアカウントのメールアドレスで Lagoon へログインする時に必要なパスワードとなります。ユーザーコンソールへのログインに使用するパスワードとは異なりますが、同じものを設定することもできます。

パスワードの設定

Lagoon へログインする

ルートアカウントで Lagoon へログインし Dashboard を作成します。Menuデータ蓄積・収集・可視化: SORACOM LagoonLagoon にアクセス から Lagoon Console ボタンをクリックします。

Lagoon へアクセス

メールアドレスと先ほど設定したパスワードを入力しログインします。

Lagoon へログイン

以上で Lagoon の利用を開始しログインできました。

料金について
使用するプランに基づいて月額の利用料金が発生します。無料利用枠もありますので最新情報を SORACOM Lagoon のご利用料金 で確認してください。

ステップ 2: テンプレートをインポートする

Lagoon では JSON 形式で記述されたモデルをインポートできます。全てのパネルを自身で作成することも可能ですが、作成したいイメージに近いサンプルダッシュボードをインポートできれば作成の時間を短縮でき、その後カスタマイズできます。

テンプレートを作成する

サンプルデータソース (1 台) サンプルダッシュボード を開き このダッシュボードを使う をクリックします。

クリップボードへコピーSORACOM Lagoon でインポート をクリックすると、サンプルダッシュボードのテンプレートをコピーしたまま SORACOM Lagoon のインポート画面へ遷移します。なお、今後のために保存しておきたい場合は JSON ファイルとしてダウンロード を利用してください。

SORACOM Lagoon でインポート をクリックすると、Lagoon のインポート画面に遷移します。Import via panel json にて先ほどクリップボードにコピーした JSON を貼り付けてください。Windows の場合は Ctrl + V、Mac OS の場合は ⌘ (Command) + V で貼り付けできます。

JSON ファイルが貼り付けられなかった場合は、再度先ほどのサンプルダッシュボードのページよりコピーしてください。

インポートの詳細画面に遷移するので、Import をクリックします。

すでに Lagoon で Dashboard を作成している場合、「作成数の上限に達しています」と表示される可能性があります。不要な Dashboard があれば削除した後、再度インポートしてください。削除できる Dashboard がなければ、プランのアップグレードを検討してください。プランごとの料金は、 SORACOM Lagoon のご利用料金 を参照してください。

インポートに成功すれば、Dashboard が表示されます。

次のステップ

  • サンプルダッシュボードで使用している可視化の種類の解説 を参考に、実デバイスの可視化をを設定してください。
  • 作成した Dashboard は同じオペレーター ID に所属する他の Lagoon ユーザーと共有したり Pro プランでは Snapshot として誰でも閲覧できる URL で共有できます。 Dashboard の共有 を参照してください。
  • 温度や湿度の値が一定値に達した場合にメールによる通知ができます。 Alert を設定する を参照し通知チャンネルとルールを設定してお試しください。

参考: サンプルダッシュボードで使用している可視化の種類の解説

各パネルの設定について解説します。

温度・湿度: Graph (グラフ)

設定方法は 可視化の種類: Graph も参照してください。

  • Override 機能 を用いて Query A の Display name温度、Query B の Display name湿度 と設定しています。
  • Display 設定にて Area fill0 にしています。
  • Series overrides 設定にて湿度の ColorY-axis2 にしています。
  • Axes: Left Y/Right Y 設定にて Left YUnitCelsius (℃)Right YUnitHumidity (%H) としています。
  • Legend: Values 設定にて Avg を表示するようにしています。

電池残量: Gauge (ゲージ)

設定方法は 可視化の種類: Graph も参照してください。

  • Display 設定にて Show threshold labels を有効にしています。
  • Field オプション にて以下を設定しています。
    • Standard options にて Min0Max1 と設定しています。
    • Threshold 機能 にて 0.70.3オレンジBase と設定しています。
    • Value mappings にて 0.71 の Range を 0.30.7 の Range を 00.3 の Range を と設定しています。

海抜: Stat (スタット)

設定方法は 可視化の種類: Stat も参照してください。

  • Field オプションStandard options にて以下を設定しています。
    • Unitmeter (m) と設定しています。
    • Color schemeYellow-Blue (by value) と設定しています。

位置: SORACOM Map Panel (マップ)

設定方法は 可視化の種類: SORACOM Map も参照してください。

  • Map Visual OptionsMax Circle Size3 にしています。
  • Query A OptionsShow LineAnimated にしています。

データの履歴 : Table (テーブル)

当サンプルダッシュボードではテーブルパネルをカスタマイズしていません。カスタマイズしたい場合は 可視化の種類: Table を参照してください。