Soracom

Users

ドキュメント

テンプレートを使用して Dashboard を作成する

作成する Dashboad のイメージに近いサンプルダッシュボード (テンプレート) をインポートしてからカスタマイズすると、Dashboard の作成時間を短縮できます。Lagoon では JSON 形式で記述された Dashboad のテンプレートをインポートできます。

ここでは、ソラコムが用意したサンプルダッシュボードをインポートして、サンプルデータソース (Demo) を可視化する Dashboard を作成します。

サンプルデータソース (Demo) を利用する場合はデバイスは必要ありません
  • サンプルデータソース (Demo) は Lagoon の使用開始と同時に使用できます。デバイスが用意できていなかったり、データの送信形式が決まっていなかったりする場合に、Lagoon の動作を確認するために利用してください。
  • サンプルデータソース (Demo) は無料です。データ保持期間延長オプション を有効化してもデータエクスポート料金は発生しません。
テンプレートを使用せずに Dashboard を作成することもできます

詳しくは、Dashboard を作成する を参照してください。

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) SORACOM アカウント (オペレーター) を作成する

SORACOM アカウント (オペレーター) を作成します。また、お支払い方法の登録も必要です。詳しくは、STEP 1: SORACOM アカウント (オペレーター) を作成する を参照してください。

(2) SORACOM Lagoon の利用を開始する

SORACOM Lagoon の利用を開始します。詳しくは、SORACOM Lagoon の利用を開始する を参照してください。

準備完了

テンプレートをインポートする

Lagoon コンソールに、ソラコムが用意したテンプレート (サンプルデータソース (1 台) サンプルダッシュボード) をインポートします。

  1. サンプルデータソース (1 台) サンプルダッシュボード にアクセスして、[このダッシュボードを使う] をクリックします。

  2. [クリップボードにコピー][SORACOM Lagoon でインポート] の順にクリックします。

    サンプルダッシュボードのテンプレート (JSON 形式のデータ) がクリップボードにコピーされ、日本カバレッジの Lagoon コンソールの Import 画面が表示されます。

    JSON 形式のデータをダウンロードすることもできます
    [JSON ファイルとしてダウンロード] をクリックすると、sample-data-one-device-sample_device-1.json がダウンロードされます。このファイルをインポートするには、手順 3 で [Upload JSON file] をクリックします。
    ログイン画面が表示されたときは

    Import 画面の代わりにログイン画面が表示されたときは、日本カバレッジの Lagoon ユーザーのメールアドレスおよびパスワードを入力して、[Log in] をクリックします。

    グローバルカバレッジの Lagoon コンソールの Import 画面を表示するには
    グローバルカバレッジの Lagoon コンソールにログイン して、サイドバーの [ Create][Import] の順にクリックします。
  3. [Import via panel json] に、手順 2 でクリップボードにコピーしたテンプレート (JSON 形式のデータ) を貼り付け、その下の [Load] をクリックします。

    Windows の場合は Ctrl + V、Mac OS の場合は ⌘ (Command) + V で貼り付けられます。

    Options 画面が表示されます。

    JSON 形式のデータが貼り付けられなかった場合は

    手順 1 からやり直してください。

    JSON ファイルをアップロードするには

    手順 2 で、[JSON ファイルとしてダウンロード] をクリックして、sample-data-one-device-sample_device-1.json をダウンロードした場合は、Import 画面で [Upload JSON file] をクリックして、JSON ファイルを選択します。

  4. 各項目を設定します。

    項目説明
    [Name]Dashboard の名前を入力します。
    [Folder]Dashboard を保存する Folder を選択します。
    [Unique identifier (uid)]Lagoon では利用できません。
  5. [Import] をクリックします。

    インポートに成功すると、Dashboard が表示されます。

「Quota reached」と表示されたときは Dashboard がインポートできていません

「Quota reached」と表示されたときは、そのオペレーターに保存できる Dashboard 数の上限を超えるため、Dashboard のインポートに失敗しています。保存できる Dashboard 数を増やすか、不要な Dashboard を削除してください。

  • 保存できる Dashboard 数は、プランによって異なります。詳しくは、SORACOM Lagoon のプラン を参照してください。
  • 不要な Dashboard を削除する操作については、Dashboard を削除する を参照してください。

次のステップ

参考: サンプルダッシュボードで使用している可視化の種類の解説

サンプルダッシュボードの各 Panel の設定について解説します。

温度・湿度: Graph (グラフ)

設定方法は 可視化の種類: Graph を参照してください。

  • Override 機能 を用いて Query A の [Display name]温度、Query B の [Display name]湿度 と設定しています。
  • Display 設定にて [Area fill]0 にしています。
  • Series overrides 設定にて湿度の [Color][Y-axis]2 にしています。
  • Axes: Left Y/Right Y 設定にて [Left Y][Unit]Celsius (℃)[Right Y][Unit]Humidity (%H) としています。
  • Legend: Values 設定にて Avg を表示するようにしています。

電池残量: Gauge (ゲージ)

設定方法は 可視化の種類: Graph を参照してください。

  • Display 設定にて Show threshold labels を有効にしています。
  • Field オプション にて以下を設定しています。
    • Standard options にて [Min]0[Max]1 と設定しています。
    • Threshold 機能 にて [0.7][0.3]オレンジ[Base] と設定しています。
    • Value mappings にて [0.7][1] の Range を [0.3][0.7] の Range を [0][0.3] の Range を と設定しています。

海抜: Stat (スタット)

設定方法は 可視化の種類: Stat を参照してください。

  • Field オプションStandard options にて以下を設定しています。
    • [Unit]meter (m) と設定しています。
    • [Color scheme]Yellow-Blue (by value) と設定しています。

位置: SORACOM Map Panel (マップ)

設定方法は 可視化の種類: SORACOM Map を参照してください。

  • [Map Visual Options][Max Circle Size]3 にしています。
  • [Query A Options][Show Line]Animated にしています。

データの履歴 : Table (テーブル)

設定方法は 可視化の種類: Table を参照してください。

サンプルダッシュボードでは、この Panel の設定は変更していません。