Soracom

Users

ドキュメント

Dashboard を作成する

Lagoon の Dashboard を作成し、ソラコムが用意したサンプルデータソース (Demo) を使用した Panel を 1 つ追加します。

サンプルデータソース (Demo) を利用する場合はデバイスは必要ありません
  • サンプルデータソース (Demo) は Lagoon の使用開始と同時に使用できます。デバイスが用意できていなかったり、データの送信形式が決まっていなかったりする場合に、Lagoon の動作を確認するために利用してください。
  • サンプルデータソース (Demo) は無料です。データ保持期間延長オプション を有効化してもデータエクスポート料金は発生しません。
テンプレートを使用して Dashboard を作成することもできます

より簡単に Dashboard の作成を試すには、あらかじめ複数の Panel が設定されたテンプレートを使用します。詳しくは、テンプレートを使用して Dashboard を作成する を参照してください。

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) SORACOM アカウント (オペレーター) を作成する

SORACOM アカウント (オペレーター) を作成します。また、お支払い方法の登録も必要です。詳しくは、STEP 1: SORACOM アカウント (オペレーター) を作成する を参照してください。

(2) SORACOM Lagoon の利用を開始する

SORACOM Lagoon の利用を開始します。詳しくは、SORACOM Lagoon の利用を開始する を参照してください。

準備完了

Dashboard を作成する

  1. Lagoon にログイン して、[+][Dashboard] の順にクリックします。

    New dashboard という名前の Dashboard が作成されます。

    Dashboard の編集画面 Dashboard の編集画面

  2. [Add an empty panel] をクリックします。

    Edit Panel 画面が表示されます。

  3. データセクションの [Query] タブで、データソースとして「Harvest」を選択します。

  4. Query [A][Metric] を以下のように設定します。

    項目設定
    1 項目 (リソースの種類)「Demo」
    2 項目 (リソース名)「Device-1」
    3 項目 (データフォーマット)「Standard」
    4 項目 (系列)「humidity」(湿度)

    humidity のグラフが表示されます。

  5. [+ Query] をクリックします。

    Query「B」が追加されます。

  6. Query [B][Metric] を以下のように設定します。

    項目設定
    1 項目 (リソースの種類)「Demo」
    2 項目 (リソース名)「Device-1」
    3 項目 (データフォーマット)「Standard」
    4 項目 (系列)「temperature」(気温)
    すべての系列を表示することもできます

    3 項目 (データフォーマット) で「Table」を選択すると、2 項目 (リソース名) で選択したリソース (Device-1) のすべての系列を可視化できます。データフォーマットについて詳しくは、データフォーマット を参照してください。

    temperature のグラフが追加されます。

    Device-1 のグラフ Device-1 のグラフ

    可視化の種類は変更できます

    新しく作成した Panel の可視化の種類は、Graph (グラフ) です。グラフ以外の形式で表示するには、Panel の可視化の種類 を変更します。

  7. 後で分かりやすいよう Query の名称変更 機能を使って追加した Query に名前をつけておきます。

    • [A]: [湿度]
    • [B]: [温度]

    Query の名称変更 Query の名称変更

系列の名前と単位の変更

Override 機能 を使用して humiditytemperature を日本語に変更し、それぞれに単位を設定します。

  1. [Overrides] タブで [+ Add an override for] をクリックし [Fields with name] を選択します。
  2. 追加された [Override 1] をクリックし [Fields with name][humidity] を選択します。
  3. [+ Add override property] をクリックし [Display name] を選択します。
  4. [湿度] を入力します。
  5. 再度 [+ Add override property] をクリックし [Unit] を選択します。
  6. [Misc/Percent (0-100)] を選択します。

temperature も同様の手順で名前を [温度]、単位を [Temperature/Celsius (°C)] へ変更します。グラフ左下の凡例が日本語に変更され、軸に単位が表示されました。

名称の変更 名称の変更

2 軸グラフへの変更

2 つの数値を表示していますので [温度] を右側の軸に表示するように変更しましょう。Series overrides 機能を使用します。

  1. [Panel] タブの [Series overrides] セクションで [+ Add series override] をクリックし [Alias or regex][温度] を選択します。
  2. [+] をクリックし [Y-Axis][2] を選択します。

温度が右側の軸に表示されました。

2 軸グラフへの変更 2 軸グラフへの変更

タイトルの変更

[Panel] タブの [Settings] セクションでタイトルを変更できます。

タイトルの変更 タイトルの変更

Dashboard の保存

右上の保存ボタンから Dashboard に名前をつけて保存します。

保存 保存

以上で Lagoon で Dashboard を作成し保存できました。

ダッシュボード ダッシュボード

次のステップ

  • データを選択する(Query) を参考にして、デバイスのデータを可視化します。
  • 作成した Dashboard は、同じオペレーター ID に所属する他の Lagoon ユーザーと共有したり、Snapshot として任意の第三者に公開したりできます。詳しくは、Dashboard を共有する を参照してください。
  • 温度や湿度の値が一定値に達した場合にメールなどによる通知ができます。詳しくは、Alert を設定する を参照してください。
  • Graph は、ヒストグラム表示に変更するなど、さまざまな制御ができます。詳しくは、Graph を参照してください。
  • Graph 以外にもさまざまな可視化ができます。詳しくは、Panel の可視化の種類 を参照してください。