Soracom

Users

ドキュメント

データを選択する (Query)

Panel で可視化するデータは、Panel 編集画面の データセクション[Query] で選択します。

Query の設定

各 Panel には複数の Query や Expression を設定できます。各 Query では以下を設定することで可視化するデータを選択できます。

リソースの種類

Harvest Data に保存されたデータと、サンプルデータソースを選択できます。

以下の種類から選択します。

リソースの種類説明
AirIoT SIM から Harvest Data に保存されたデータ
LoRaLoRaWAN デバイス から Harvest Data に保存されたデータ
SigfoxSigfox デバイス から Harvest Data に保存されたデータ
DeviceInventory デバイス から Harvest Data に保存されたデータ
Demoサンプルデータソース

データが保存されていないリソースの種類は表示されません。

リソース名

各リソースに設定した名前から選択します。リソースに名前を設定していない場合は ID (たとえば、IoT SIM の場合は IMSI) から選択します。

リソース名が表示されない場合のトラブルシューティング

データが保存されていないリソースは表示されません。また、SAM デフォルト権限設定 で特定の API の利用を禁止 (deny) していると、リソースが表示されない場合があります。詳しくは、FAQ: SORACOM Lagoon に可視化対象の SIM が追加されない を参照してください。

データフォーマット

以下のデータフォーマットから選択します。

データフォーマット名特徴
Standard1 つの 系列 を表示
Tableリソースにおけるすべての系列を表示
Map緯度と経度を指定して地図に表示

系列

データフォーマットが [Standard] の場合、系列を選択します。系列名は SORACOM Harvest Data へ格納されているデータのキー名です。

系列名が表示されない場合のトラブルシューティング

データフォーマットが [Standard] の場合、可視化できるのはデータの型が数字の場合のみです。文字列を表示したい場合はデータフォーマットを [Table] にしてください。

Query の操作

Query タブでは Query の追加・名称変更・複製・非表示・削除ができます。

Query の追加

[+ Query] をクリックすると Query を追加できます。Query の設定 にしたがって設定してください。

Query の名称変更

Query 名 (デフォルトでは A, B, C... のアルファベット) をクリックすると名称を任意に変更できます。Query 名は ExpressionOverride を設定する際に指定します。

Query の名称には、半角英数字 (azAZ09) または記号 (_) を指定することをお勧めします。それ以外の文字を指定すると、Expression 機能などで正しく参照できない場合があります。

Query の複製

コピーアイコン をクリックすると Query を複製できます。

Query の非表示

目のアイコン をクリックすると Query の表示・非表示を変更できます。

Query の削除

ゴミ箱アイコン をクリックすると Query を削除できます。

Query の表示時間の設定

Query タブにおける [Query options] の Relative time, Time shift を設定することで、Dashboard で表示する時間範囲を設定する で設定した時間と異なる範囲を Panel で表示できます。

Relative time

Panel の相対的な時間範囲を上書きして、Dashboard で表示する時間範囲を設定する で設定した時間と異なる範囲を表示できます。これにより、異なる期間や日のメトリクスを同じ Dashboard に表示できます。

たとえば、[Relative time]24h とすることで、当 Panel では 24 時間の範囲のデータを表示します。

現時点の Query options においては Absolute time (絶対時間) での登録はできません。

Dashboard の時間範囲が Absolute time で指定されている場合、Query option の Relative time は反映されません。

Time shift

Panel で表示する時間範囲の終点を上書きします。たとえば以下の設定ができます。

  • [Relative time]24h[Time shift]24h : 48 時間前から 24 時間前のデータを表示
  • [Relative time]24h[Time shift]48h : 72 時間前から 48 時間前のデータを表示
  • [Relative time]8h[Time shift] を 設定しない : 8 時間前から現在時刻のデータを表示

Query options の以下 3 項目については、現時点の SORACOM Lagoon において設定を変更しても効果がありません。

  • Max data points
  • Min interval
  • Interval