MENU

Soracom

Users

Pro プランで Dashboard の権限を管理する

このドキュメントでは SORACOM Lagoon (以後、Lagoon) の Pro プランで Dashboard の権限管理を行う方法を解説します。当ガイドの前提は以下のとおりです。

ステップ 1: Dashboardを作成する

Dashboard が作成されていない場合、 サンプルのデータソースを使用して Dashboard を作成する を参照して Dashboard を作成します。

ダッシュボード管理タブ で作成した Dashboard が表示されることを確認します。

ダッシュボード一覧

ステップ 2: ユーザーを作成する

Lagoon ユーザー管理タブユーザー追加 より「読み取り専用」権限を持つ作成します。デモ動画では viewer@example.com というアドレスを追加しますが、実際には追加するユーザーのメールアドレスを設定してください。

ユーザーの追加

ステップ 3: Dashboardを閲覧できることを確認する

作成した「読み取り専用」権限を持つユーザーで、SORACOM Lagoon コンソールへログインします。作成した Dashboard に対して閲覧権限のみ持っていることを確認します。

ステップ 4: Dashboardの権限を設定する

作成した Dashboard に対してユーザーの権限を設定します。 リファレンス: ユーザー権限とダッシュボードのパーミッション も参照してください。

ダッシュボード管理タブ より作成した Dashboard を選択し、 権限編集 を実行します。作成したユーザーに対して権限を「権限なし」に設定します。

権限の編集

Dashboard に対してすべてのユーザーをアクセス禁止設定とした場合、ユーザー権限と同等のアクセス権限を有します。例えば閲覧ユーザー A、編集ユーザー B に対してダッシューボード C に対しての権限をそれぞれアクセス禁止とした場合、ユーザー A は閲覧権限、ユーザー B は編集権限で Dashboard へアクセスできます。 不要な Dashboard であれば削除を検討してください。

ステップ 5: Dashboardを閲覧できないことを確認する

Dashboard を権限を設定したユーザーで SORACOM Lagoon へログインすると、該当の Dashboard が一覧にも表示されないことが確認できます。

このように、Pro プランでは Dashboard ごとにユーザーの権限を設定できます。設定できる権限の詳細は リファレンス: ユーザー権限とダッシュボードのパーミッション を参照してください。