Soracom

Users

ドキュメント

Bar Gauge

概要 

可視化の種類 を Bar Gauge とすると、時系列データの統計データについて、指定した計算方法に基づく値とゲージ (棒グラフ) を表示します。フィールドの値を 1 つの統計値に単純化できます。同様の Gauge も参照してください。

Bar Gauge

  • 可視化するデータの選択は Query を使用します。
  • 可視化する前にデータの加工ができます。
  • 可視化の制御に Field オプションThreshold 機能 も利用できます。
  • Override 機能 を使って Query や Expression で設定したメトリックについて単位・系列名の変更や Data link が設定できます。

設定 

Display 

以下の設定で可視化を制御します。

  • [Show]: データをどのように表示するかを指定します。
    • [Calculate]: 計算した値を表示します。
      • [Calculation]: 適用する Calculation を選択します。Calculation 一覧 を参照してください。
    • [All values]: すべての値を表示します。
      • [Limit]: 表示するデータの個数を指定します。
  • [Orientation]: Panel の表示方向を指定します。
    • [Auto]: 自動的に決定します。
    • [Horizontal]: 水平方向に左から右へ表示します。
    • [Vertical]: 垂直方向に上から下へ表示します。
  • [Display mode]: 表示方法を [Gradient][Retro LCD][Basic] から指定します。
  • [Show unfilled area]: データの存在しない領域を描画するかを指定します。[Display mode][Retro LCD] 以外の場合に指定できます。

Text size 

表示される文字の大きさを制御します。

  • [Title]: 名前の大きさを指定します。
  • [Value]: 値の大きさを指定します。