Soracom

Users

ドキュメント

Gauge

概要 

可視化の種類 を Gauge とすると、時系列データの統計データについて、指定した計算方法に基づく値とゲージ (弧状のグラフ) を表示します。フィールドの値を 1 つの統計値に単純化できます。同様の Bar Gauge も参照してください。

Lagoon Classic における Singlestat パネルの代替となります。

Gauge

  • 可視化するデータの選択は Query を使用します。
  • 可視化する前にデータの加工ができます。
  • 可視化の制御に Field オプションThreshold 機能 も利用できます。
  • Override 機能 を使って Query や Expression で設定したメトリックについて単位・系列名の変更や Data link が設定できます。

設定 

Display 

以下の設定で可視化を制御します。

  • [Show]: データをどのように表示するかを指定します。
    • [Calculate]: 計算した値を表示します。
      • [Calculation]: 適用する Calculation を選択します。Calculation 一覧 を参照してください。
    • [All values]: すべての値を表示します。
      • [Limit]: 表示するデータの個数を指定します。
  • [Orientation]: Panel の表示方向を指定します。
    • [Auto]: 自動的に決定します。
    • [Horizontal]: 水平方向に左から右へ表示します。
    • [Vertical]: 垂直方向に上から下へ表示します。
  • [Show threshold labels]: Threshold 機能で設定した閾値を表示するかを指定します。
  • [Show threshold markers]: Threshold 機能で設定した閾値の幅を値を示すバンドの外側に表示するかを指定します。

Text size 

表示される文字の大きさを制御します。

  • [Title]: 名前の大きさを指定します。
  • [Value]: 値の大きさを指定します。