Soracom

Users

ドキュメント

Graph

概要 

可視化の種類 を Graph とすると、時系列のデータの推移を以下のような形式で表現できます。

  • 棒グラフ、線グラフ、または点の組み合わせ
  • ヒストグラム

Graph Panel

Graph Panel (Bar and Stack)

  • Graph Panel では Alert を使用できます。Alert 概要 を参照してください。
  • 可視化するデータの選択は Query を使用します。
  • 可視化する前にデータの加工ができます。
  • 可視化の制御に Field オプション も利用できます。
  • Override 機能 を使って Query や Expression で設定したメトリックについて単位・系列名の変更や Data link が設定できます。

以下の機能を用いて加工した場合は Alert を使用できません。

  • Expression 機能
  • Transformation 機能

設定 

Display 

可視化を制御します。

  • [Bars]: 棒グラフとして表示します。
  • [Lines]: 線グラフとして表示します。
  • [Line width]: 線の幅を指定します。
  • [Staircase]: (線グラフのみ) データ間を直線で結ぶのではなく階段状に描画します。
  • [Area fill]: (線グラフのみ) 系列を塗りつぶす際の透明度を指定します。
  • [Fill gradient]: (線グラフのみ) 系列を塗りつぶす際のグラデーションを指定します。
  • [Points]: データを点で表示します。
  • [Point radius]: 点の半径を指定します。
  • [Alert thresholds]: Alert 概要 の閾値を表示します。

Stacking and null value 

  • [Stack]: 系列を積み上げ表示するかを指定します。
  • [Percent]: 各系列の値を割合として表示するかを指定します。
  • [Null value]: 値が存在しない (null) 場合の表示方法を指定します。
    • [connected]: 存在しない値をスキップし前後の値を接続して表示します。
    • [null]: 存在しない値はブランクとして何も表示されません。
    • [null as zero]: 存在しない値は 0 と取り扱います。
デバイス側の問題でデータが送信されていない場合に区別できませんのでデフォルトの [null] を推奨します。

Hover tooltip 

マウスを Graph に合わせた際のツールチップの表示方法を制御します。

  • [Mode]:
    • [All series]: すべての系列の値を表示します。
    • [Single]: マウスを合わせた系列の値のみを表示します。
  • [Sort order]: ツールチップ内の系列の並び順を制御します。
    • [None]: Query の並び順でソートされます。
    • [Increasing]: 系列の値の昇順でソートされます。
    • [Decreasing]: 系列の値の降順でソートされます。

Series overrides 

系列の表示方法を変更できます。特定の系列のスタイルを変更したり、右 Y 軸に表示したりできます。複数の override を定義できます。

  1. [+ Add series override] をクリックします。
  2. [Alias or regex] で対象の系列を選択します。正規表現も利用できます。
  3. [+] をクリックし、選択した系列へ適用するスタイルを選択します。
    • [Bars]: 棒グラフとして表示します。
    • [Lines]: 線グラフとして表示します。
    • [Line fill]: 塗りつぶしありの線グラフとして表示します。
    • [Fill gradient]: 塗りつぶしのグラデーションを指定します。
    • [Line width]: 線の幅を指定します。
    • [Null point mode]: 値が存在しない場合の表示方法を指定します。
      • [connected]: 存在しない値をスキップし前後の値を接続して表示します。
      • [null]: 存在しない値はブランクとして何も表示されません。
      • [null as zero]: 存在しない値は 0 と取り扱います。
    • [Fill below to]: 二つの系列の間を塗りつぶします。
    • [Staircase line]: 階段状に描画します。
    • [Dashes]: 破線で表示します。
    • [Hidden Series]: 系列を非表示にします。
    • [Dash Length]: 破線の長さを指定します。
    • [Dash Space]: 破線の間隔を指定します。
    • [Points]: データを点で表示します。
    • [Point Radius]: 点の半径を指定します。
    • [Stack]: 積み上げ表示するグループを指定します。
    • [Color]: 系列の色を指定します。
    • [Y-axis]: 系列の Y 軸 (右: 1、左: 2) を指定します。
    • [Z-index]: 系列の描画順 (Z インデックス) を指定します。
    • [Transform]: データの値を負に変更します。
    • [Legend]: Legend (凡例) に表示するかを指定します。
    • [Hide in tooltip]: ツールチップに表示するかを指定します。

Axes 

軸の表示を制御します。

Left Y/Right Y 

左右の Y 軸に異なる範囲を指定できます。

  • [Show]: 軸の表示の有無を指定します。
  • [Unit]: Y 軸に表示する単位を指定します。
  • [Scale]: 目盛の種類を指定します。linear: 線形目盛、log (n): 対数目盛。
  • [Y-Min]: Y 軸の最小値を指定します。
  • [Y-Max]: Y 軸の最大値を指定します。
  • [Decimals]: 小数点以下の表示桁数を指定します。
  • [Label]: Y 軸のラベルを指定します。

Y-Axes 

  • [Align]: 左右の Y 軸の値の範囲を揃えるかどうかを指定します。2 つの軸を使用した場合に実際には存在しない相関を表示してしまうことを軽減することを目的としています。Learn Grafana: How to use dual axis graphs | Grafana Labs を参照してください。
  • [Level]: 範囲を揃える際に使用する値を指定します。

X-Axis 

  • [Show]: 軸の表示の有無を指定します。
  • [Mode]: 表示モードを指定します。
    • [Time]: X 軸が時間を表します。データを時間でグループ化します。
    • [Series]: データを系列でグループ化します。
      • [Value]: 値を集約する方法を指定します。
    • [Histogram]: グラフをヒストグラムに変換して表示します。
      • [Buckets]: ヒストグラムのバケット (グループ) 数を指定します。
      • [X-Min]: 指定以下の値を無視します。
      • [X-Max]: 指定以上の値を無視します。

Legend 

凡例の表示を制御します。

Options 

  • [Show]: 凡例の表示の有無を指定します。
  • [As Table]: 凡例を表形式で表示するかを指定します。
  • [To the right]: 軸を Graph 下部ではなく右側に表示します。
  • [Width]: 凡例の最小の幅を指定します。

Values 

系列名に値を表示できます。

  • [Min]: 最小値を表示します。
  • [Max]: 最大値を表示します。
  • [Avg]: 平均値を表示します。
  • [Current]: 最新の値を表示します。
  • [Total]: 合計値を表示します。
  • [Decimals]: 小数点以下の桁数を指定します。

Hide series 

特定の条件に合致した場合に系列を非表示にできます。

  • [With only nulls]: すべての値が null (存在しない) 場合
  • [With only zeroes]: すべての値が 0 の場合

Time regions 

特定の時間帯をハイライトできます。営業時間や平日などを表現できます。UTC 時間で指定します。

Annotation の追加 

Edit モードを抜けて Graph 上で Ctrl または Command + クリックすると Annotation (注釈) をつけることができます。クリックしたままドラッグすることで範囲にもアノテーションを設定できます。

Annotation