Soracom

Users

ドキュメント

Heatmap

概要 

可視化の種類 を Heatmap とすると、時間軸単位にデータの多寡を色で可視化します。データの時間分布を直感的に把握したい場合に利用できます。

Heatmap

  • 可視化するデータの選択は Query を使用します。
  • 可視化する前にデータの加工ができます。

設定 

Axes 

軸の表現を制御できます。

Y Axis 

  • [Unit]: Y 軸に表示する単位を指定します。
  • [Scale]: 目盛の種類を指定します。linear: 線形目盛、log (n): 対数目盛。
  • [Y-Min]: Y 軸の最小値を指定します。
  • [Y-Max]: Y 軸の最大値を指定します。
  • [Decimals]: 小数点以下の表示桁数を指定します。

Buckets 

[Data format][Time series] の場合は以下の設定が可能です。

  • [Y Axis Buckets]: Y 軸のバケット (グループ) 数を指定します。
  • [Size]: ([Scale][linear] の時のみ)。バケットのサイズを指定します。[Y Axis Buckets] よりも優先されます。
  • [X Axis Buckets]: X 軸のバケット (グループ) 数を指定します。
  • [Size]: バケットのサイズを時間の間隔で指定します (例: 10s / 5m / 1h)。[X Axis Buckets] よりも優先されます。ms / s / m / h / d / w / M / y が使用できます。

Data format 

  • [Time series]: 時系列のデータを自動的にバケットに分割します。
  • [Time series buckets]: 時系列のデータがすでにバケットに分割されている場合に指定します。Lagoon によるバケット分割が行われませんので [Backets] オプションは表示されません。

Display 

可視化を制御します。

Colors 

  • [Mode]
    • [opacity]: バケットの値を透明度で表現します。
      • [Color]: ベースの色を指定します。
      • [Scale]: バケットの値と透明度を対応づけるスケールを指定します。
        • [linear]: バケットの値と透明度を線形にマップします。
        • [sqrt]: バケットの値と透明度を平方根でマップします。透明度は値の k 乗から計算され、[Exponent]k を指定します。
      • [Exponent]: 上記の k の値を 0 以上の値で指定します。1 の場合は [linear] と同じになります。
    • [spectrum]: バケットの値を色で表現します。
      • [Scheme]: 使用する色の種類を選択します。

Color scale 

デフォルトではバケットの最小値と最大値から自動的に色を指定します。[Color scale] で制御できます。

  • [Min]: この値を下回る値は最小値として扱われます。
  • [Max]: この値を上回る値は最大値として扱われます。

Legend 

凡例の表示の有無を指定します。

Buckets 

  • [Hide zero]: 値が 0 の場合表示しません。
  • [Space]: バケットの値を表すセル間の空白をピクセルで指定します。
  • [Round]: バケットの値を表すセル間の角丸のサイズをピクセルで指定します。

Tooltip 

  • [Show tooltip]: ツールチップの表示の有無を指定します。
  • [Histogram]: マウスを合わせている時間帯の値のヒストグラムをツールチップに表示します。
  • [Decimals]: 小数点以下の表示桁数を指定します。