MENU

Soracom

Users

Pie Chart

Pie Chart はベータの可視化の種類です。今後予告なく仕様が変更される可能性があります。

概要

可視化の種類 を Pie Chart とすると、円グラフでの可視化ができます。条件を満たしているデバイス・満たしていないデバイスの割合算出などに活用できます。

Pie Chart

  • 可視化するデータの選択は Query を使用します。
  • 可視化する前にデータの加工ができます。
  • 可視化の制御に Field オプションThreshold 機能 も利用できます。
  • Override 機能 を使って Query や Expression で設定したメトリックについて単位・系列名の変更や Data link が設定できます。

設定

Display

以下の設定で可視化を制御します。

  • Show : データをどのように表示するかを指定します。
    • Calculate : 計算した値を表示します。
      • Calculation : 適用する Calculation を選択します。 Calculation 一覧 を参照してください。
    • All values : すべての値を表示します。
      • Limit : 表示するデータの個数を指定します。
  • Fields : Panel に表示するフィールドの名前や種類を指定します。 All fields ですべてのフィールドを、 Numeric fields で数値のフィールドのみを指定します。
  • Piechart type : 円グラフの表示方法を設定します
    • Pie : 円全体を塗りつぶして表示します。
    • Donut : 円中心を空洞にして表示します。
  • Labels : 円グラフ上に表示するラベルを指定します。
    • : データに複数のフィールドが含まれる場合、名前と値を表示します。
    • Value : 値を表示します。
    • Name : 系列名を表示します。
    • Percent : 割合を表示します。
  • Legend mode : 系列名の表示形式を指定します。
    • List : リストとして表示します。
    • Table : テーブル形式で表示します。
    • Hidden : 表示しません。
  • Legend mode : 系列名の表示位置を指定します。
    • Bottom : 下部。
    • Right : 右。
  • Legend values : 系列名に加えて表示する内容指定します。
    • Value : 値を表示します。
    • Percent : 割合を表示します。

Text size

表示される文字の大きさを制御します。

  • Title : 名前の大きさを指定します。
  • Value : 値の大きさを指定します。

設定例

温度の高い・低いデバイスの割合を可視化する

温度を送信するデバイスについて、温度が 20 ℃よりも高い・低いデバイスの割合を可視化したいシナリオを考えます。 Expression 機能 の演算を用いて、一定条件よりも値が高い・低いメトリックの数を算出できます。

  1. サンプルデータソース を用いて 5 デバイス分の temperature を Query に追加します
  2. Expression 機能 の演算を用いて、20 ℃より値が高いデバイス数・低いデバイス数を算出します。

値が 20 ℃以上のデバイス数の算出

($A >= 20) + ($B >= 20) + ($C >= 20) + ($D >= 20) + ($E >= 20)

値が 20 ℃未満のデバイス数の算出

($A < 20) + ($B < 20) + ($C < 20) + ($D < 20) + ($E < 20)
  1. 各デバイスのメトリックについては 目のアイコン で非表示にします。

ここまで実施して 可視化の種類 に Pie Chart を選択すると以下のような表示になります。