Soracom

Users

ドキュメント

Soracom Image

概要 

可視化の種類 を Soracom Image とすると、画像上の任意の場所にデータに応じたアイコンや値を表示できます。

Soracom Image Panel

  • 可視化するデータの選択は Query を使用します。
  • 可視化する前にデータの加工ができます。

設定 

Images 

  • [Background]: 背景として表示する画像の URL を入力します。
  • [Keep Aspect Ratio]: 画像の縦横比を維持するかを指定します。
  • [Test Image]: 指定した画像にアクセスできるかをテストします。
  • [+Add Image]: 背景として表示する画像の上にセンサーの値に応じたアイコンを表示できます。複数のアイコンを追加できます。
    • [Metric]
      • [Name]: 表示するデータ名と小数点以下の表示桁数を指定します。
      • [Threshold]: 値を Low / Medium / High と判断する閾値を指定します。この値に応じて [Images] で指定した URL の画像が表示されます。
    • [Position/Size]
      • [X/Y Position]: アイコンの位置を指定します。アイコンをマウスでドラッグ&ドロップして位置を決められます。
      • [Width/Height]: アイコンのサイズを指定します。
    • [Images]: データの閾値に応じて表示するアイコンの URL を指定します。ソラコムでは利用可能な アイコンを公開 していますのでご活用ください。
      • [LowImageURL]
      • [MediumImageURL]
      • [HighImageURL]
  • 画像を使用する際は使用許諾の有無をご確認ください。
  • インターネット上で公開されている画像のみ指定できます。SORACOM Lagoon への画像のアップロードや基本認証が必要な画像の表示には対応していません。

Sensors 

  • [Metric]: 表示するデータ名と小数点以下の表示桁数を指定します。
  • [X/Y Position]: 表示するアイコンの位置を指定します。
  • [Link]: ラベルに付与するリンク URL とマウスオーバーの際に表示する文字列を指定します。
  • [Appearance]: フォントの色とサイズ、枠と背景の色を指定します。