Soracom

Users

ドキュメント

Stat

概要 

可視化の種類 を Stat とすると、時系列データの統計データについて、指定した計算方法に基づく値とグラフを表示します。また、値や背景色を閾値に基づいて変更できます。

Lagoon Classic における Singlestat パネルの代替となります。

Stat Panel

  • 可視化するデータの選択は Query を使用します。
  • 可視化する前にデータの加工ができます。
  • 可視化の制御に Field オプションThreshold 機能 も利用できます。
  • Override 機能 を使って Query や Expression で設定したメトリックについて単位・系列名の変更や Data link が設定できます。

設定 

Display 

以下の設定で可視化を制御します。

  • [Show]: データをどのように表示するかを指定します。
    • [Calculate]: 計算した値を表示します。
      • [Calculation]: 適用する Calculation を選択します。Calculation 一覧 を参照してください。
    • [All values]: すべての値を表示します。
      • [Limit]: 表示するデータの個数を指定します。
  • [Fields]: Panel に表示するフィールドの名前や種類を指定します。[All fields] ですべてのフィールドを、[Numeric fields] で数値のフィールドのみを指定します。
  • [Orientation]: Panel の表示方向を指定します。
    • [Auto]: 自動的に決定します。
    • [Horizontal]: 水平方向に左から右へ表示します。
    • [Vertical]: 垂直方向に上から下へ表示します。
  • [Text mode]: Panel に表示する文字列を制御します。
    • [Auto]: データに複数のフィールドが含まれる場合、名前と値を表示します。
    • [Value]: 値のみを表示します。名前はマウスを合わせるとツールチップに表示されます。
    • [Value and name]: 値と名前を常に表示します。
    • [Name]: 名前のみを表示します。値はマウスを合わせるとツールチップに表示されます。
    • [None]: 何も表示しません。値と名前はマウスを合わせるとツールチップに表示されます。
  • [Color mode]
    • [Value]: 値とグラフにのみ色を適用します。
    • [Background]: 背景色にも色を適用します。
  • [Graph mode]
    • [None]: グラフを表示しません。
    • [Area]: エリアグラフを表示します。
  • [Alignment mode]: 表示の揃え方法を指定します。
    • [Auto]: 一つの値のみの場合は中央揃えに表示します。複数の系列や業が表示される場合値は左揃えになります。
    • [Center]: 値が常に中央揃えになります。

Text size 

表示される文字の大きさを制御します。

  • [Title]: 名前の大きさを指定します。
  • [Value]: 値の大きさを指定します。