Soracom

Users

ドキュメント

Harvest Files の画像を SORACOM Lagoon で表示する

バージョンに関する注意
  • 当ドキュメントは SORACOM Lagoon Classic (旧バージョンの SORACOM Lagoon) に関して記載しています。現バージョンの SORACOM Lagoon に関するドキュメントは こちら を参照してください。
  • SORACOM Lagoon Classic を契約しているお客様は、SORACOM Lagoon Classic を 2022 年 5 月 31 日まで利用できます。また、SORACOM Lagoon Classic の新規契約は受け付けておりません。
  • 各バージョンに関する情報は SORACOM Lagoon のバージョン を参照してください。
  • 現バージョンへの移行方法は 移行ガイド を参照してください。

Harvest Files にデバイスの画像ファイルを保存し、その画像ファイルを Lagoon のダッシュボードに表示します。

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) SORACOM Air for セルラーの IoT SIM、および IoT SIM を利用できるデバイスを準備する

各種デバイスでの IoT SIM の使用方法については 各種デバイスで SORACOM Air を使用する を参照してください。

(2) Lagoon の利用を開始する

Harvest Files に保存したファイルを Lagoon で利用するために、Lagoon を有効化してログインできることを確認します。詳しくは、SORACOM Lagoon の利用を開始する を参照してください。

準備完了

ステップ 1: Harvest Files を有効化する

SORACOM Lagoon で可視化するために、Harvest Files の /lagoon 以下に保存されたデータについて、パスなどの情報を自動的に Harvest Data に連携するように設定します。

Harvest Files の設定はグループに対して行います

ここでは、グループの設定を変更する操作のみを説明します。グループの仕組みやグループを作成する操作について詳しくは、グループ設定 を参照してください。

  1. SIM グループ画面で [SORACOM Harvest Files 設定] をクリックします。

    SIM グループ画面を表示する操作について詳しくは、グループの設定を変更する を参照してください。

  2. スイッチをクリックして「ON」にします。

  3. 以下の項目を設定し、[保存] をクリックします。

    設定項目
    [HARVEST DATA 連携]ON
    [連携対象のファイルパス]/lagoon/.*

  4. IoT SIM が所属するグループを切り替えます。

    IoT SIM から送信したデータが Harvest Files に保存できるようになりました。

ステップ 2: デバイスから HTTP でファイルを Harvest Files に送信する

Harvest Files はアップロードが完了したファイルのサイズによって料金が発生します。詳しくは 料金プラン を確認してください。

Harvest Files は、設定を有効化すればすぐにファイルを送信できます。Harvest Files の設定を有効化した状態で、SORACOM Air の SIM から通信を行っているデバイスから、Harvest Files の HTTP (セルラー通信経由のアップロード) のエントリポイント に HTTP POST もしくは PUT リクエストを送信すると SORACOM のプラットフォームにファイルが保存されます。

コマンド例:

以下の場合、送信したファイル「harvest.png」は、グループ設定で指定したdefaultPathのパス、ファイル名として保存されます。

curl -v -X PUT --data-binary @a.png -H "content-type:image/png" http://harvest-files.soracom.io/

以下の場合、パスを指定しているため、送信したファイル「a.png」は、/logs/a.png として保存されます。

curl -v -X PUT --data-binary @a.png -H "content-type:image/png" http://harvest-files.soracom.io/logs/a.png

今回は以下のように先ほど指定した /lagoon というパスに対して /harvest.png という画像データを保存します。

$ curl -v -X PUT --data-binary @harvest.png -H "content-type:image/png" http://harvest-files.soracom.io/lagoon/harvest.png

ステップ 3: Harvest Files に収集されたファイルを確認する

ユーザーコンソールでは、Harvest Files で保存されたファイルを確認およびダウンロードできます。

コンソールのメニューから「SORACOM Harvest Files」を選択します。

保存されたファイルは当メニューから確認およびダウンロードできます。

また、以下のように Harvest Files のファイルの URL の情報が Harvest Data に連携されていることが確認できます。

ステップ 4: SORACOM Lagoon で Harvest Files に保存したデータを表示する

Harvest Files に保存したデータを SORACOM Lagoon で表示します。 SORACOM Dynamic Image Panel の Harvest Files モードを利用します。

lagoon-soracomdynamicimage_panel lagoon-soracomdynamicimage_panel

メトリックタブに Harvest Files にデータ通信した SIM の IMSI を入力します。 データフォーマットは URL (文字列) を扱うため Table を選択します。

lagoon-soracomdynamicimage_panel lagoon-soracomdynamicimage_panel

次に Settings タブを設定します。 モードとして Harvest Files を選択し、Name に Harvest Data に連携した URL が格納させているカラムを選択します。

lagoon-soracomdynamicimage_panel lagoon-soracomdynamicimage_panel

以下のように Harvest Files に格納した画像ファイルが表示されます。 画像は、Harvest Data に送信された最新の URL を参照します。

lagoon-soracomdynamicimage_panel