Soracom

Users

ドキュメント

Harvest Files の画像を SORACOM Lagoon で表示する

バージョンに関する注意
  • 当ドキュメントは SORACOM Lagoon Classic (旧バージョンの SORACOM Lagoon) に関して記載しています。現バージョンの SORACOM Lagoon に関するドキュメントは こちら を参照してください。
  • SORACOM Lagoon Classic を契約しているお客様は、SORACOM Lagoon Classic を 2022 年 5 月 31 日まで利用できます。また、SORACOM Lagoon Classic の新規契約は受け付けておりません。
  • 各バージョンに関する情報は SORACOM Lagoon のバージョン を参照してください。
  • 現バージョンへの移行方法は 移行ガイド を参照してください。

このドキュメントでは、Harvest Files にデバイスの画像ファイルを保存し、その画像ファイルを SORACOM Lagoon でダッシュボード化する手順を紹介します。当ガイドの前提は以下のとおりです。

  • SORACOM のアカウントを作成済みであること
  • SORACOM Air の SIM、および使用できるデバイスが準備されていること
  • SORACOM Lagoon が準備されていること

ステップ 1: デバイスのファイルを Harvest Files に送信する 

SIM をグループに所属させる 

SORACOM Harvest Files の設定はグループ単位で行います。そのため、Harvest Files を使うには IoT SIM をグループに登録する必要があります。今回は、動作確認として SORACOM Harvest Files のグループを作成し、そのグループに SIM を登録してみましょう。

まず SIM 管理画面を開いて、SORACOM Harvest Files でデータ収集を行いたい SIM にチェックマークを付けます。続いて、[操作] ボタンから [所属グループ変更] を選択します。

IoT SIM の所属グループを選択するためのダイアログが表示されたら、[新しい所属グループ] ドロップダウンから [新しいグループを作成…] を選択します。

以下のようなグループ作成ダイアログが表示されます。グループの名称を入力して [グループ作成] ボタンをクリックします。 今回は"hello harvest"というグループ名で作成してみましょう。

[グループ作成] ボタンを押すと元の [SIM の所属グループ変更] ダイアログに戻ります。 [新しい所属グループ] ドロップボックスが、今作成した hello harvest グループになっていることを確認し [グループ変更] ボタンを押します。

続いて、Harvest Files を有効化します。

Harvest Files を有効化する 

Harvest Files は、設定を有効化すればすぐにファイルを送信できます。Harvest Files の設定を有効化した状態で、SORACOM Air の SIM から通信を行っているデバイスから、Harvest Files のエントリポイントへファイルを送信すると SORACOM のプラットフォーム上にファイルが保存されていきます。

コンソール にログインして、SIM グループから「SORACOM Harvest Files 設定」で以下のように Path patterns を /lagoon/.* と設定します。 Harvest Files の /lagoon 以下に格納されたデータは自動で Harvest Data にも連携されます。

グループ設定の詳細は リファレンス: グループ設定 をご確認ください。

Harvest Files アップロードが完了したファイルのサイズによって料金が発生します。詳しくは 料金プラン を確認してください。

HTTP でファイルを送信する 

Harvest Files は HTTP に対応しています。Harvest Files エントリポイント (セルラー) 宛に HTTP POST もしくは PUT リクエストを送信してください。

コマンド例: 以下の場合、送信したファイル「harvest.png」は、グループ設定で指定したdefaultPathのパス、ファイル名として保存されます。

curl -v -X PUT --data-binary @a.png -H "content-type:image/png" http://harvest-files.soracom.io/

以下の場合、パスを指定しているため、送信したファイル「a.png」は、/logs/a.png として保存されます。

curl -v -X PUT --data-binary @a.png -H "content-type:image/png" http://harvest-files.soracom.io/logs/a.png

今回は以下のように先ほど指定した /lagoon というパスに対して /harvest.png という画像データを保存します。

$ curl -v -X PUT --data-binary @harvest.png -H "content-type:image/png" http://harvest-files.soracom.io/lagoon/harvest.png

ステップ 2: Harvest Files に収集されたファイルを確認する 

ユーザーコンソールでは、Harvest Files で保存されたファイルを確認およびダウンロードできます。

コンソールのメニューから「SORACOM Harvest Files」を選択します。

保存されたファイルは当メニューから確認およびダウンロードできます。

また、以下のように Harvest Files のファイルの URL の情報が Harvest Data に連携されていることが確認できます。

ステップ 3: SORACOM Lagoon で Harvest Files に保存したデータを表示する 

Harvest Files に保存したデータを SORACOM Lagoon で表示します。 SORACOM Dynamic Image Panel の Harvest Files モードを利用します。

lagoon-soracomdynamicimage_panel

メトリックタブに Harvest Files にデータ通信した SIM の IMSI を入力します。 データフォーマットは URL (文字列) を扱うため Table を選択します。

lagoon-soracomdynamicimage_panel

次に Settings タブを設定します。 モードとして Harvest Files を選択し、Name に Harvest Data に連携した URL が格納させているカラムを選択します。

lagoon-soracomdynamicimage_panel

以下のように Harvest Files に格納した画像ファイルが表示されます。 画像は、Harvest Data に送信された最新の URL を参照します。

lagoon-soracomdynamicimage_panel