Soracom

Users

ドキュメント

制限事項と注意事項

バージョンに関する注意
  • 当ドキュメントは SORACOM Lagoon Classic (旧バージョンの SORACOM Lagoon) に関して記載しています。現バージョンの SORACOM Lagoon に関するドキュメントは こちら を参照してください。
  • SORACOM Lagoon Classic を契約しているお客様は、SORACOM Lagoon Classic を 2022 年 5 月 31 日まで利用できます。また、SORACOM Lagoon Classic の新規契約は受け付けておりません。
  • 各バージョンに関する情報は SORACOM Lagoon のバージョン を参照してください。
  • 現バージョンへの移行方法は 移行ガイド を参照してください。

既知の問題 

  • Lagoon ユーザーに閲覧権限を与えていない場合も、ダッシュボード一覧画面ではすべてのダッシュボード名が表示されます。ダッシュボード名をクリックすると「このダッシュボードへのアクセスが拒否されました」と表示されアクセスできませんが、ダッシュボード名にセンシティブな情報を入れないようご留意ください。

SAM ユーザーの制限 

以下の操作 (API) については、ソラコムの SAM ユーザー は実行できません。Root アカウントで実行してください。

  • Lagoon の利用開始 (API: registerLagoon)
  • Lagoon プランの変更 (API: updateLagoonPlan)
  • Lagoon ライセンスパックの更新 (API: updateLagoonLicensePack)
  • Lagoon の利用終了 (API: terminateLagoon)

Grafana との相違 

SORACOM Lagoon は OSS として提供されている Grafana をベースとしております。サービス提供にあたって一部機能に制限を設けさせていただいております。 Grafana との相違は以下のとおりです。

ダッシュボードに関する制限 

  • ダッシュボード作成数 (上限数については、SORACOM Lagoon のご利用料金 のページをご参照ください)
  • 権限変更 (特定のダッシュボードを特定のユーザーのみに閲覧させる等)
  • SORACOM Harvest 以外のデータソースの利用
  • 日本カバレッジ、グローバルカバレッジのデータを同一ダッシュボード上で表示する機能
  • スナップショットの作成、閲覧
  • パネルを画像としてエクスポートする機能
    • アラートへの画像添付もこの機能を利用しているため未対応
  • 変数 (Variables) を定義できますが SORACOM Harvest データソースやメトリクスにその変数を使用できません。そのため、変数に応じて内容が変わるようなダッシュボードは作成できません。複数ダッシュボードを作成するか、SIM 単位にパネルを作成してください。

ユーザーに関する制限 

  • プラン毎に作成できるユーザー数に上限があります。上限数は SORACOM Lagoon のご利用料金 をご参照ください。
  • Lagoon のユーザーでは SORACOM API の API キーと API トークンは発行できません。
  • 同じメールアドレスのユーザーを複数のオペレーターに所属させることはできません。

管理権限ユーザーに関する制限 

Grafana の Admin 権限ユーザーの使用を制限させていただいております。 Admin 権限のみで許可されている、以下の機能は制限されます。

  • プラグインの管理
  • データソースの管理
  • Organization の管理
  • Grafana 上でのユーザー管理
    • ユーザーの追加・削除は SORACOM ユーザーコンソール上で操作いただけます。

その他の制限 

  • 各パネルでは通常数値データのみ表示できます。テーブルパネルの表示形式「Table」でのみ、 stringboolean 型の表示も可能です。詳細は パネルリファレンス: テーブルパネル を参照してください。
  • SORACOM API ではダッシュボードに関する操作はできません。
  • アラートはグラフパネルのみに設定できます。