MENU

Soracom

Users

シングルスタットパネル

バージョンに関する注意
  • 当ドキュメントは SORACOM Lagoon Classic (旧バージョンの SORACOM Lagoon) に関して記載しています。現バージョンの SORACOM Lagoon に関するドキュメントは こちら を参照してください。
  • SORACOM Lagoon Classic を契約しているお客様は、SORACOM Lagoon Classic を 2022 年 5 月 31 日まで利用できます。また、SORACOM Lagoon Classic の新規契約は受け付けておりません。
  • 各バージョンに関する情報は SORACOM Lagoon のバージョン を参照してください。
  • 現バージョンへの移行方法は 移行ガイド を参照してください。

シングルスタットパネルは単一のデータを表示します。例えば KPI や重要な指標の現在値を確認する用途にご利用いただけます。

数値データのみ表示できます。

lagoon-panel_newpanel_singlestat

まずはメトリックタブに Harvest にデータ通信した IoT SIM の IMSI を入力し、今回は「humi」の値をセットします。 数字が出てきました。 (もし出てこない場合は、タイムレンジ内に表示できるデータが存在していない可能性があります。右上の時計ボタンから表示するタイムレンジを選択できます。)

lagoon-panel_singlestatpanel01

次に Options タブを設定します。

  • Value について
    • 「Stat」のプルダウンから表示するデータを選択します。「Min:最小値」「Max:最大値」「Average:平均値」「Current:最新値」あたりをよく使うことになると思います。「Font size」から文字のサイズを変更できます。
    • 「Prefix」では表示するデータの前に文字列を配置できます。例えば「最大」や「平均」などの文字を配置することで、値の意味を補足したりできます。
    • 「Postfix」では表示するデータの後に文字列を配置できます。「Unit」から指定できない単位を付与するなどの用途が考えられます。
  • 「Coloring」では表示するデータの色を設定できます。「Thresholds」と「Colors」で閾値に応じて文字色や背景色を変更することで、数値の意味をより直感的に表現できます。
  • 「Spark lines」では時系列グラフを背景に描画できます。表示するサイズや色が設定できます。
  • 「Gauge」ではゲージを表示できます。ゲージの最小値、最大値、ラベルの表示を設定できます。

lagoon-panel_singlestatpanel02