MENU

Soracom

Users

SORACOM Map パネル

バージョンに関する注意
  • 当ドキュメントは SORACOM Lagoon Classic (旧バージョンの SORACOM Lagoon) に関して記載しています。現バージョンの SORACOM Lagoon に関するドキュメントは こちら を参照してください。
  • SORACOM Lagoon Classic を契約しているお客様は、SORACOM Lagoon Classic を 2022 年 5 月 31 日まで利用できます。また、SORACOM Lagoon Classic の新規契約は受け付けておりません。
  • 各バージョンに関する情報は SORACOM Lagoon のバージョン を参照してください。
  • 現バージョンへの移行方法は 移行ガイド を参照してください。

SORACOM Map Panel ではデータに応じて地図上に任意のアイコンや移動ラインを表示できます。

lagoon-soracommap_panel

メトリックタブに Harvest にデータ通信した IoT SIM の IMSI を入力し「Map」を選択します。

lagoon-soracommap_panel

次に「マップオプション」タブを設定します。

左に表示されている「マップ表示オプション」を解説します。

  • 「マッププロバイダー」では使用する地図を選択することができます。以下の地図情報を使用できます。
  • 「表示範囲をマーカーに合わせる」ではダッシュボードを開いた際に表示する中心位置を設定できます。チェックをつけると各座標データの中心を地図の中心として表示します。チェックボックスを外すと世界各地域や緯度経度を直接入力して表示中心を設定できます。
  • 「初期ズーム」ではダッシュボードを開いた際のズーム率を設定できます。
  • 「円のサイズの最小値/最大値」では表示するデータの多寡に応じて表示する円のサイズの最小値と最大値を設定できます。
  • 「凡例を表示」ではマーカーにマウスを重ねた際にそのデータの値を表示するか否かを設定できます。

lagoon-soracommap_panel

左に表示されている「クエリ A オプション」を解説します。

  • 「値のキー」では緯度経度情報と一緒に送信したデータのキーを指定できます。複数のキーを指定することはできないので、同じクエリを追加する必要があります。
  • 「しきい値」ではデータの大きさに応じて表示する円の色や表示するアイコンの種類を変更するしきい値を設定できます。
  • 「軌跡を表示」ではデータを時系列に結んだ線を表示できます。線の色やアニメーションによって進行方向を表現することもできます。
  • 「カスタムアイコン」ではしきい値に応じて表示するアイコンとそのサイズを設定できます。アイコンは現状パブリックにアクセスできる URL を指定する必要があります。

lagoon-soracommap_panel

ソラコムでは利用可能な アイコンを公開 しておりますのでご活用ください。

lagoon-soracommap_panel

左に表示されている「GeoJSON」を解説します。

  • この画面では GeoJSON を直接指定することで、地図上にアイコンを表示できます。

lagoon-soracommap_panel