MENU

Soracom

Users

ユーザー権限とダッシュボードのパーミッション

バージョンに関する注意
  • 当ドキュメントは SORACOM Lagoon Classic (旧バージョンの SORACOM Lagoon) に関して記載しています。現バージョンの SORACOM Lagoon に関するドキュメントは こちら を参照してください。
  • SORACOM Lagoon Classic を契約しているお客様は、SORACOM Lagoon Classic を 2022 年 5 月 31 日まで利用できます。また、SORACOM Lagoon Classic の新規契約は受け付けておりません。
  • 各バージョンに関する情報は SORACOM Lagoon のバージョン を参照してください。
  • 現バージョンへの移行方法は 移行ガイド を参照してください。

ダッシュボードへのアクセスは「ユーザーの権限」および「ダッシュボードのパーミッション」で決定されます。

ユーザーの権限

ユーザーの権限は「編集者」「閲覧者」を設定できます。

  • 「編集者」はダッシュボードの編集、アラートの編集が可能です。
  • 「閲覧者」はダッシュボードの閲覧が可能です。

ダッシュボードのパーミッション

ダッシュボードのパーミッションはユーザーごとに「編集権限」「閲覧権限」「アクセス禁止」を設定できます。 ダッシュボードのパーミッションはユーザーの権限との組み合わせで以下のような権限設定となります。

アクセス禁止閲覧権限編集権限
閲覧ユーザーアクセス不可閲覧権限設定できません
編集ユーザーアクセス不可閲覧権限編集権限
閲覧権限を与えていない場合も、ダッシュボード一覧画面ではすべてのダッシュボード名が表示されます。ダッシュボード名をクリックすると「このダッシュボードへのアクセスが拒否されました」と表示されアクセスできませんが、ダッシュボード名にセンシティブな情報を入れないようご留意ください。
ダッシュボードに対してすべのユーザーをアクセス禁止設定とした場合、ユーザー権限と同等のアクセス権限を有します。例えば閲覧ユーザー A、編集ユーザー B に対してダッシューボード C に対しての権限をそれぞれアクセス禁止とした場合、ユーザー A は閲覧権限、ユーザー B は編集権限でダッシュボードへアクセスできます。 不要なダッシュボードであれば削除を行う等の操作を行ってください。