Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Lagoon のユースケース

バージョンに関する注意
  • 当ドキュメントは SORACOM Lagoon Classic (旧バージョンの SORACOM Lagoon) に関して記載しています。現バージョンの SORACOM Lagoon に関するドキュメントは こちら を参照してください。
  • SORACOM Lagoon Classic を契約しているお客様は、SORACOM Lagoon Classic を 2022 年 5 月 31 日まで利用できます。また、SORACOM Lagoon Classic の新規契約は受け付けておりません。
  • 各バージョンに関する情報は SORACOM Lagoon のバージョン を参照してください。
  • 現バージョンへの移行方法は 移行ガイド を参照してください。

より多彩でクイックに開始できるダッシュボード 

  • 複数の Harvest データソースを組み合わせ、グラフ、テーブル、リスト、地図等の幅広い表現で可視化をできます。
  • インスタンス立ち上げや複雑な接続設定、難解なクエリが不要ですぐに使い始めることができます。

ダッシュボードのシェア 

  • 作成したダッシュボードは第 3 者のお客様などと共有できます。お客様はソラコムのコンソールにログインすることなくダッシュボードを通じて Harvest に送信されたデータを確認できます。
  • 特定のグラフのみを特定のお客様に見るだけの権限を与えて共有したり、作成したダッシュボードに対して URL を発行し特定のユーザーにのみ閲覧権限を与えるたりできます。

柔軟な監視設定 

  • 収集するデータに対してしきい値を設定しメール送信、slack への通知、Webhook 等のアラートを設定できます。しきい値の設定、通知方法の設定はコーディング不要でグラフや Lagoon の画面から設定できます。