Soracom

Users

ドキュメント

Wi-Fi アップロード機能を利用する

Wi-Fi アクセスポイントが設置されている環境で Wi-Fi アップロード機能を利用すると、外部のクラウドサービスへ大容量データを安価にアップロードできます。

img

屋外での 5.2/5.3 GHz 帯の利用について
  • 屋外では、5.2 GHz 帯は条件付きで利用できます。条件について詳しくは、無線 LAN の屋外利用について を参照してください。
  • 屋外では、5.3 GHz 帯は利用できません。
  • 屋内では、5.2/5.3 GHz 帯を利用できます。
Wi-Fi タブを表示すると SORACOM Napter の利用料金が発生します
Wi-Fi アップロード機能では、自動的に SORACOM Napter を利用して設定をしています。そのため、SORACOM Mosaic コンソールの [無線 LAN (α)] をクリックすると、SORACOM Napter の利用料金が発生します。利用料金について詳しくは、SORACOM Napter のご利用料金 を参照してください。
Wi-Fi アップロード機能利用時の制限
Wi-Fi アップロード機能を有効にした場合は SORACOM Gate を利用した通信はできません。

事前準備 

Wi-Fi アップロード機能を利用するには、エッジコンピューターにインストールされている SORACOM Mosaic アプリケーションを更新する必要があります。詳しくは、SORACOM Mosaic アプリケーションを更新する を参照してください。

Wi-Fi アップロード機能を有効にする 

  1. SORACOM Mosaic コンソール にアクセスし、エッジコンピューターのデバイス ID をクリックします。

    デバイス一覧画面

    デバイス詳細画面の [概要] タブが表示されます。

  2. [無線 LAN (α)] をクリックします。

    Enable Wifi

    Wi-Fi 設定画面が表示されます。

  3. エッジコンピューターが接続する Wi-Fi アクセスポイントの情報を入力して、[+ Enable Wifi] をクリックします。

    項目説明
    COUNTRYJapan を選択します。
    SSIDWi-Fi アクセスポイントの SSID を入力します。
    PASSWORDWi-Fi アクセスポイントのパスワードを入力します。

    Enable Wifi

  4. [OK] をクリックします。

    確認画面

    エッジコンピューターが再起動し、Wi-Fi アクセスポイントに接続されます。

  5. SORACOM Mosaic コンソールの右上にある リフレッシュボタン (リフレッシュボタン) をクリックします。

    リフレッシュボタン

    割り当てられた IP アドレスなどが表示されます。

    Wi-Fi 接続設定

SORACOM プラットフォームへの通信には Wi-Fi は使用されません
Wi-Fi アップロード機能で設定した Wi-Fi は、SORACOM プラットフォーム以外への通信にのみ使用されます。
一時的に Wi-Fi が利用できない場合
Wi-Fi アクセスポイントの故障などの原因で、一時的に Wi-Fi が利用できない場合は、エッジコンピューターの SORACOM Air for セルラーが使用されます。

Wi-Fi アップロード機能を無効にする 

  1. SORACOM Mosaic コンソール にアクセスし、エッジコンピューターのデバイス ID をクリックします。

    デバイス詳細画面の [概要] タブが表示されます。

  2. [無線 LAN (α)][Disable Wifi] の順にクリックします。

    Disable Wifi

  3. [OK] をクリックします。

    確認画面

    エッジコンピューターが再起動し、Wi-Fi アップロード機能が無効になります。

    Wi-Fi 設定が削除された、Wi-Fi 設定画面が表示されます。

  4. SORACOM Mosaic コンソールの右上にある リフレッシュボタン (リフレッシュボタン) をクリックします。

    Wi-Fi 設定画面