Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Napter の仕組み

Napter の仕組みは以下のとおりです。

Napter概要

ステップ 1: Napter (リモートアクセス) の実行 

ソラコムユーザーコンソールから「オンデマンドリモートアクセス」を実行します。 SORACOM API から実行する場合は Port Mapping API が該当します。SORACOM API 利用ガイド もあわせてご覧ください。

ステップ 2: Napter で払い出された IP アドレス、ポートでアクセス 

ソラコムユーザーコンソールもしくは API から「オンデマンドリモートアクセス」を実行すると、IP アドレスとアクセスポートが払い出されます。「オンデマンドリモートアクセス」を実行時には IoT デバイス側のポートを指定します。

お客様は、払い出された IP アドレスとアクセスポートを使用して、SSH、リモートデスクトップ、ブラウザからの HTTP アクセスなどを行います。

なお、この際に払い出される IP アドレスおよびアクセスポートの組み合わせの空間はソラコムプラットフォーム側で十分に確保しています。

払い出された IP アドレス、アクセスポート及びホスト名は決して外部に公開しないでください。悪意のある第三者からのアクセスを行われる可能性がございます。

ステップ3: デバイス側のポートに変換し、IoT デバイスにアクセス 

ソラコムはお客様からのアクセスをデバイスの IP アドレス、および「オンデマンドリモートアクセス」を実行時に指定されたポートに変換して、IoT デバイスへの接続を行います。