Soracom

Users

ドキュメント

Soralet および WASM モジュールの削除

不要になった Soralet や WASM モジュール (バージョン) を以下の手段で削除できます。ただし、以下のものは削除できません。

  • WASM モジュールが 1 つでもアップロードされている Soralet
  • SIM グループの SORACOM Orbit 設定から参照している Soralet バージョン

オペレーターあたりの Soralet 数、バージョン数の上限は 制限事項 を参照してください。

ユーザーコンソール 左上 Menu ボタン → SORACOM OrbitSoralet 管理から該当の Soralet を選択します。バージョン右側の削除ボタンをクリックします。この操作は元に戻せません。

バージョンの削除

バージョン数が 0 になると画面右上の削除ボタンから Soralet を削除できます。

Soralet の削除

soralets delete コマンドで Soralet を削除します。

$ soracom soralets delete --soralet-id my-soralet
Error: {"code":"SLM1006","message":"version exists"}

soralets list-versions コマンドでまずバージョン一覧を取得します。

$ soracom soralets list-versions --soralet-id my-soralet
[
        {
                "createdTime": 1592491690521,
                "hash": "0671a28cce494d6848bd5ba9c88d00070cfdc1bd8a47f8e9174c2eb178905279b90c06c6f1a7c8b3d0a9ffcd5bb3f508f46f3d83737c5f83db35b4eac29216ae",
                "operatorId": "OP0000000000",
                "size": 15684,
                "soraletId": "my-soralet",
                "srn": "srn:soracom:OP0000000000:jp:Soralet:my-soralet/1",
                "version": 1
        }
]

soralets delete-version コマンドでアップロード済みのバージョンを削除します。

$ soracom soralets delete-version --soralet-id my-soralet --version 1

最後に soralets delte コマンドで Soralet を削除します。

$ soracom soralets delete --soralet-id my-soralet
  1. Activity Bar から SORACOM Orbit Tools ビューを開きます。
  2. Soralets パネルから対象の Soralet を展開します。
  3. バージョンを右クリックし Delete this version をクリックします。選択したバージョンを使用する SIM グループ設定が存在する場合、子要素としてグループ名が表示されます。グループ名右側の Open in User Console ボタンからユーザーコンソールの SIM グループ設定画面にリンクしていますので、削除前に Orbit 設定を削除してください。
  4. バージョンをすべて削除したら Soralet を右クリックし Delete this Soralet をクリックします。