MENU

Soracom

Users

WASM モジュールへの入力

uplinkdownlink ともに WASM モジュールには以下の情報が渡されます。

{
  "codeSrn": "srn:soracom:<operator_id>:<coverage type>:Soralet:<soralet id>/<version>",
  "direction": "uplink",
  "contentType": "application/json",
  "encodingType": "plain", // or "base64"
  "body": "{\"value\":23.54,\"name\":\"sorao\"}", // soralets exec でテストする場合は body ではなく payload となります。
  "source": {
    "resourceType": "Subscriber",
    "resourceId": "0010100000000",
    "iccid": "xxxxx",
    "imei": "xxxxx",
    "ipAddress": "10.142.209.79",
    "msisdn": "8190xxxxxxxx",
    "operatorId": "OP0000000000"
  },
  "tags": {
    "name": "test1",
    "org": "soracom"
  },
  "location": {
    "lat": 43.12345,
    "lon": 138.112233
  },
  "timestamp": 1587532201856
}
  • codeSrn使用する WASM モジュールの SRN (SORACOM Resource Name)
  • contentType: 入力の Content Type
  • encodingType: (オプション) データのエンコーディング (plain または base64)
  • source: デバイス種類に応じた情報が付与されます。現時点では SORACOM Air for セルラーのみ対応します。
  • tags: データ送信元のリソースに付与されたタグ。SIM グループ設定でメタデータサービスの利用を有効にしてください。
  • location: 簡易位置測位機能が利用可能な SIM (plan-KM1) を利用している場合は緯度と経度。SIM グループ設定で簡易位置測位機能を有効にしてください。
  • timestamp: SORACOM プラットフォームがデータを受信した UNIX 時刻 (ミリ秒)。Sigfox と LoRa デバイスについては body に含まれる時刻を使用してください。