Soracom

Users

ドキュメント

SIM グループでの使用

SIM グループ設定 

デバイスからのデータを Orbit で処理するため、そのデバイスが使用する SIM を Orbit を有効にしたグループに所属させます。グループについては Getting started with SORACOM Air for セルラー: グループの設定 も参照してください。ひとつの SIM グループで使用できる Soralet とそのバージョンは 1 つのみです。

ユーザーコンソール 左上 Menu ボタン → SIM グループ → 設定する SIM グループを選択します (あるいは新規作成します)。

SORACOM Orbit 設定セクションを展開し設定を変更後、保存ボタンをクリックします。

SIM グループ設定: SORACOM Orbit 設定

  • Code SRN: soralets get コマンドなどで取得できる Soralet の SRN を指定します。
  • Content Type: デバイスから送信するデータの Content Type を指定します。
  • Soralet を利用する経路: Soralet を利用する経路 uplink / downlink を指定します。サービス開始時はこの設定を元に課金対象が決まりますのでご注意ください (例えば downlink の処理が空だった場合も実行としてカウントされます)。
  • メタデータサービス: メタデータを Soralet に連携します。タグやユーザーデータを使用する場合は有効にしてください。SORACOM Air for Cellular 設定セクションのメタデータ連携有効設定よりも優先されます。
  • 簡易位置測位機能: 簡易位置測位機能による位置情報を使用する場合は有効にしてください。特定地域向け IoT SIM plan-KM1 でのみ使用可能です。

SIM グループの設定は SORACOM CLI でも実施できます。はじめに以下のファイルを config-orbit.json として作成してください。キーの意味は グループコンフィグレーション詳細 を参照してください。

[
  { "key": "enabled", "value": true },
  { "key": "codeSrn", "value": "srn:soracom:OP0000000000:jp:Soralet:my-soralet/1" },
  { "key": "useLocation", "value": true },
  { "key": "useMetadata", "value": true },
  { "key": "contentType", "value": "application/json" },
  { "key": "enabled", "value": true },
  { "key": "direction", "value": ["downlink", "uplink"] }
]

soracom groups put-config コマンドで設定を有効にしてください。 ${group_id} は対象の SIM グループ ID に置き換えてください。

$ soracom groups put-config --group-id ${group_id} \
    --namespace SoracomOrbit --body @config-orbit.json

SIM 設定 

次に対象の SIM カードを SIM グループに所属させます。

  1. ユーザーコンソール 左上 Menu ボタン → SIM 管理 → 設定する SIM を選択します。
  2. 対象の SIM カードをチェックし 操作所属グループ変更 をクリックします。
  3. 新しい所属グループとして、上記で設定した SIM グループを選択し グループ変更 ボタンをクリックします。

実機でのテスト 

Unified Endpoint へデータを送信してください。

WASM モジュールのテスト ではデバイス発信ではないためリファレンスの WASM モジュールへの入力 と同等のデータ (ただし body パラメータは payload) を指定していました。実機では body 部分のみ送信します。

curl コマンドの実行例は以下の通りです。

$ curl -v --header content-type:application/json http://uni.soracom.io \
    --data "{\"value\":23.54,\"name\":\"sorao\"}"
SORACOM Harvest を利用するとデバイスから送信したデータが uplink で想定通り変換されたかを容易に確認できます。

ログの確認 

Orbit SDK の log 関数を利用すると WASM モジュールからログを出力できます。

ユーザーコンソール 左上 Menu ボタン → SORACOM OrbitSoralet 管理から該当の Soralet を選択します。Logs タブで確認します。

ログの確認

soralets get-logs コマンドでを使用します。

$ soracom soralets get-logs --soralet-id my-soralet
[
        {
                "createdTime": 1592492659768,
                "message": "Hello from Soralet",
                "operatorId": "OP0000000000",
                "soraletId": "my-soralet",
                "version": 2
        },
        {
                "createdTime": 1592492685430,
                "message": "Hello from Soralet",
                "operatorId": "OP0000000000",
                "soraletId": "my-soralet",
                "version": 2
        }
]

引数

  • soralet-id: Soralet ID を指定します。
  1. Activity Bar から SORACOM Orbit Tools ビューを開きます。
  2. Soralets パネルから対象の Soralet を展開します。
  3. Soralet Logs パネルに最大 50 件のログが表示されます。Soralet Logs パネルのタイトルバーにある Open Current Logs as a New File ボタンをクリックすると新規ファイルとしてオープンできます。ログの形式は以下の通りです。
[yyyy-MM-dd hh:mm:ss] soralet-id/version: message