Soracom

Users

ドキュメント

VPG のパケットをキャプチャする

当ガイドでは、SORACOM Peek (以降、Peek) を利用して、IoT SIM が所属する VPG のパケットをキャプチャします。当ガイドの前提は以下のとおりです。

  • SORACOM のアカウントを作成済みであること
  • デバイスが準備されており、IoT SIM で接続できること

各種デバイスでの IoT SIM の使用は 各種デバイスで SORACOM Air を使用する を参考にしてください。

ステップ 1: VPG を作成し、SIM を所属させる 

Peek for VPG は VPG に所属した SIM のパケットをキャプチャします。Peek for VPG を利用できる VPG のタイプは Type-E、Type-F です。

VPG を作成する を参照して新規に VPG を作成し、SORACOM IoT SIM の VPG 利用を有効にする を参照してパケットをキャプチャしたい SIM の VPG 利用を有効にします。オンラインの SIM の VPG 利用を有効にするには、必ずセッションの再作成が必要です。

ステップ 2: パケットキャプチャセッションを作成する 

作成した VPG の管理画面より [パケットキャプチャ] タブ > [キャプチャを開始] をクリックし、パケットキャプチャセッションを開始します。

以下のパラメータを指定し、[キャプチャを開始] をクリックします。

  • ファイル名 (PREFIX) : 任意のファイル名を指定します。
  • キャプチャ時間 (秒) : 最小 60 秒 最大 86400 秒 (24 時間) となります。入力が必須です。

既にパケットキャプチャセッションが作成されている場合、別のパケットキャプチャセッションは作成できません。

パケットキャプチャセッションを SORACOM API で作成する場合は createPacketCaptureSession を使用します。

SORACOM CLI を使う場合は以下のコマンドを使用します。

soracom vpg create-packet-capture-session --sim-id XXXXXXXXXXXXXXXXXXX --duration 300 --prefix "test-capture"

ステップ 3: パケットキャプチャセッション一覧を確認する 

作成した VPG の管理画面より [パケットキャプチャ] タブにて作成されたパケットキャプチャセッションが表示されます。各列の意味は パケットキャプチャセッション一覧画面の各列の説明 を参照してください。

パケットキャプチャセッションを SORACOM API で確認する場合は listPacketCaptureSessions を使用します。

SORACOM CLI を使う場合は以下のコマンドを使用します。

soracom vpg list-packet-capture-sessions --vpg-id XXXXXXXXXXXXXXXXXXX

パケットキャプチャセッションを途中で停止する場合 

「操作」列の [停止] をクリックすると、作成したパケットキャプチャセッションをキャプチャ時間で指定した時間が完了する前に停止できます。

パケットキャプチャセッションを停止するとパケットキャプチャセッションのステータスが「CAPTURING」→「POSTPROCESSING」→「STOPPED」と遷移し、停止までにキャプチャされたパケットのダウンロードが可能です。

パケットキャプチャセッションを SORACOM API で停止する場合は stopPacketCaptureSession を使用します。

SORACOM CLI を使う場合は以下のコマンドを使用します。

soracom vpg stop-packet-capture-session --vpg-id XXXXXXXXXXXXXXXXXXX --session-id xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx

ステップ 4: パケットを送信する 

作成したパケットキャプチャセッションのステータスが「CAPTURING」になると、パケットのキャプチャが開始されています。

デバイスでキャプチャする通信を開始します。たとえば SORACOM IoT SIM を USB ドングルなどで取り付けている Linux デバイスであれば以下のコマンドで SORACOM プラットフォームとの疎通を確認できます。

ping -c 4 pong.soracom.io

ステップ 5: パケットをダウンロードする 

作成したパケットキャプチャセッションのステータスが「DONE」或いは「STOPPED」になると、パケットのキャプチャが完了しています。

「パケットキャプチャファイル」列の [リンクを取得] をクリックします。

次に「パケットキャプチャファイル」列の [ダウンロード] をクリックするとダウンロードが開始します。

注意
[ダウンロード]をクリックしてもダウンロードが開始されない場合、お使いのネットワークでアクセスがブロックされていないか確認してください。

ダウンロード URL を SORACOM API で確認する場合は getPacketCaptureSession を使用します。

SORACOM CLI を使う場合は以下のコマンドを使用します。この際、url パラメータ がエスケープされないよう --raw-output オプションを指定してください。

soracom vpg get-packet-capture-session --vpg-id XXXXXXXXXXXXXXXXXXX --session-id xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx --raw-output

ステップ 6: キャプチャしたパケットを確認する 

パケットは pcap 形式でダウンロードされますので、各種パケットアナライザで解析できます。ここでは Wireshark を例にした解析方法を紹介します。

Wireshark は Windows, mac などで利用できます。こちらのページ よりダウンロードが可能です。ダウンロード・インストールしたら起動し、[ファイル] > [開く] より pcap ファイルを開いてください。

開いた pcap ファイルを元に、宛先やパケットの内容を調査できます。

ステップ 7: パケットキャプチャセッションを削除する 

パケットキャプチャセッションは作成後 7 日で自動削除されます。手動で削除する場合は「操作」列の [削除] をクリックします。

VPG が不要であれば VPG を削除する を実施してください。VPG を削除されない場合、基本料金が発生します。

パケットキャプチャセッション を SORACOM API で削除する場合は deletePacketCaptureSession を使用します。

SORACOM CLI を使う場合は以下のコマンドを使用します。

soracom vpg delete-packet-capture-session --vpg-id XXXXXXXXXXXXXXXXXXX --session-id xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx