MENU

Soracom

Users

SORACOM Peek のユースケース

IoT システムやデバイスが想定外の動作をしたときのトラブルシュート

IoT システムの運用では突然デバイスからの通信が失敗するようになったり急にが通信量が多くなったりすることがあります。Peek を用いて経路中のパケットをキャプチャすることで、より詳細なトラブルシューティングが可能になります。

IoT プロジェクトの PoC (Proof Of Concept) フェーズにてネットワークレベルでのデバッグ

デバイスから設計通りのフォーマットでデータを送信できているか、暗号化すべき情報を平文で送っていないか、など PoC フェーズで確認すべきことは多々あります。Peek でキャプチャしたパケットと PoC 内容とを突き合わせることで、デバッグがより容易になります。

余分な通信がないかの調査によるデータ利用量の削減

SORACOM プラットフォームでは各 SIM についてデータ通信量を参照できますが、データ通信量の削減には通信の中身の調査が効果的です。Peek でキャプチャしたパケットから、送信先やプロトコル、通信の内容が確認できます。

想定しない宛先への通信がないかの調査によるセキュリティ向上

IoT システムにおいて、セキュリティは最重要課題です。Peek でキャプチャしたパケットから送信先を解析し、必要な宛先だけを アウトバウンドルーティングフィルター で許可するといった対策が可能です。

SORACOM Junction ミラーリングとの使い分け

Peek は時間を限定したパケットのキャプチャを想定しています。長期間継続してキャプチャを取得したい、キャプチャしたパケットをリアルタイムでモニタリングしたいといったユースケースには SORACOM Junction ミラーリングを検討してください。