Soracom

Users

ドキュメント

エンドポイント一覧

SORACOM Air for セルラー 

SORACOM Air for セルラーをご利用の場合、Unified Endpoint は UDP、TCP、HTTP に対応しています。 それぞれ、エントリポイント、ポートは以下のとおりです。

プロトコルエントリポイントポート
UDPuni.soracom.io
unified.soracom.io
23080
TCPuni.soracom.io
unified.soracom.io
23080
HTTPuni.soracom.io
unified.soracom.io
80,8888

uni.soracom.iounified.soracom.io のいずれかをご利用ください。動作に違いはありません。

各サービスのエンドポイントもこれまでどおり利用できます。

サービスエントリポイント
Beambeam.soracom.io
Funnelfunnel.soracom.io
Funkfunk.soracom.io
Harvestharvest.soracom.io

SORACOM Air for LoRaWAN、SORACOM Air for Sigfox、SORACOM Inventory 

SORACOM Air for LoRaWAN、SORACOM Air for Sigfox、SORACOM Inventory をご利用の場合、各デバイスでエンドポイントを指定する必要はありません。デバイスから送信したデータは、自動的に Unified Endpoint に送信されます。

SMS を使用したクラウド連携 

IoT SIM (plan01s, plan01s - Low Data Volume) を使用したデバイスから、以下の宛先に SMS 送信することで Unified Endpoint を使用できます。

サービス宛先
Unified Endpoint901001

各サービスの宛先もこれまでどおり利用できます。

サービス宛先
Beam901011
Funnel901021
Harvest901031
Funk901041

USSD 機能 

USSD 機能を利用したデータ送信時は、*{Service Code}*{任意のデータ}# という形式の MMI 文字列を使用します。 Unified Endpoint を利用する場合は、Service Code 部に以下の値を指定します。

サービス宛先
Unified Endpoint901001

各サービスの宛先もこれまでどおり利用できます。

サービス宛先
Beam901011
Funnel901021
Harvest901031
Funk901041

USSD 機能は、IoT SIM (plan01s, plan01s - Low Data Volume) でご利用できます。USSD の詳細は USSD を用いて Beam / Funnel / Funk / Harvest にデータを送信する をご確認ください。