Soracom

Users

ドキュメント

Unified Endpoint の仕組み

Unified Endpoint (unified.soracom.io) に送信されたデータは、グループ設定で Beam、Funnel、Harvest、Funk の設定が有効となっている送信先にデータを送信します。

たとえば、以下のように動作します。

  • IoT SIM が所属しているグループで Funnel と Harvest が有効 (ON) となっている場合、デバイスから unified.soracom.io に送信されたデータは Funnel と Harvest の両方にデータを送信します。
  • USSD が利用できる IoT SIM が所属しているグループで Funnel と Harvest が有効 (ON) となっている場合、デバイスから 901001 宛に送信された USSD は Funnel と Harvest の両方にデータを送信します。
  • Sigfox デバイス、LoRaWAN デバイスが所属しているグループで Beam と Harvest が有効 (ON) となっている場合、デバイスから送信されたデータは Beam と Harvest の両方にデータを送信します。

Unified Endpoint の対象となるサービス

Unified Endpoint は、以下のサービスを利用しているデバイスから利用できます。

  • SORACOM Air for セルラー (SORACOM IoT SIM (*1)、特定地域向け IoT SIM)
  • SORACOM Air for LoRaWAN
  • SORACOM Air for Sigfox
  • SORACOM Inventory (Observe データの連携)
  • (*1) SORACOM IoT SIM の場合は、サブスクリプションによって、利用できるエントリポイントが異なります。

    plan01splan01s - Low Data VolumeplanP1planX1planX2planX3
    HTTP (POST)
    TCP
    UDP
    SMS-
    USSD---
    ✓: 用意されている。-: 用意されていない。

planP1 では、SMS の受信 (SMS MT) のみをサポートしています。SMS 送信 (SMS MO) はサポートしていません。