Soracom

Users

ドキュメント

制限事項

利用できるデバイス 

Unified Endpoint は、以下を利用しているデバイスから利用できます。

  • SORACOM Air for セルラー (SORACOM IoT SIM (*1)、特定地域向け IoT SIM)
  • SORACOM Air for LoRaWAN
  • SORACOM Air for Sigfox
  • SORACOM Inventory (Observe データの連携)
  • (*1) plan01s、および plan01s - Low Data Volume では、SMS で送信する場合のエントリポイントと USSD で送信する場合のエントリポイントが用意されています。なお、planP1、planX1、planX2 では、この 2 つのエントリポイントは利用できません。

転送先のサービス 

転送先のサービスは以下のとおりです。

  • SORACOM Beam
  • SORACOM Funnel
  • SORACOM Harvest
  • SORACOM Funk

制限事項 

  • SORACOM Beam が対応している Web サイトエントリポイント、および MQTT エントリポイントには対応していません。
  • SORACOM Beam の TCP エントリポイント、および UDP エントリポイントでは、「ステータスコードを省略」オプションがありますが、Unified Endpoint ではこのオプションには対応していません。そのため、レスポンスにはステータスコードが含まれます。レスポンスを省略する場合は、Unified Endpoint の カスタムレスポンス機能 を利用してください。
  • SORACOM Funnel、SORACOM Harvest に送信する場合、送信データ形式「SORACOM Binary Format V1」には対応していません。