MENU

Soracom

Users

制限事項

利用できるデバイス

Unified Endpoint は、以下を利用しているデバイスから利用できます。

  • SORACOM Air for セルラー (グローバル向け SIM、日本向け SIM)
  • SORACOM Air for LoRaWAN
  • SORACOM Air for Sigfox
  • SORACOM Inventory (Observe データの連携)

また、グローバル向け SIM (plan01s, plan01s - Low Data Volume) では、「SMS を使用したクラウド連携」「USSD 機能」にも対応しています。

転送先のサービス

転送先のサービスは以下のとおりです。

  • SORACOM Beam
  • SORACOM Funnel
  • SORACOM Harvest
  • SORACOM Funk

制限事項

  • SORACOM Air for セルラーをご利用の場合、デバイスからの送信プロトコルは HTTP POST および TCP、UDP に対応しています。
  • SORACOM Beam の MQTT エンドポイント、Web サイトエンドポイントには対応していません。
  • SORACOM Beam の UDP、TCP エントリポイントでの「ステータスコードを省略」オプションには対応しておらず、レスポンスにはステータスコードが含まれます。省略したい場合は、固定のレスポンスとなりますが Unified Endpoint の「カスタムレスポンス」機能をご利用ください。
  • SORACOM Funnel, SORACOM Harvest の場合、送信データ形式「SORACOM Binary Format V1」には対応していません。