Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Canal を使用して閉域網で接続する (Transit Gateway 接続)

VPG は SORACOM Air の通信を仲介するお客様専用のゲートウェイとして SORACOM が管理する Amazon VPC (Virtual Private Cloud) に構築されます。Canal は、その Amazon VPC とお客様の AWS 環境 (Amazon VPC) を接続するサービスです。Canal を利用することで、インターネットを経由することなく、お客様の Amazon VPC にアクセスできます。また、Amazon VPC もインターネットにポートを開ける必要はありません。Canal を利用することで、デバイスからお客様のシステムまでセキュアなネットワークを構築できます。

ここでは、Transit Gateway 接続を利用する手順を説明します。SORACOM Canal の Transit Gateway 接続を利用すると、お客様が所有する AWS 環境の AWS Transit Gateway に、VPG がある Amazon VPC を接続し、SORACOM Air for セルラーのセルラー回線から、VPG と Transit Gateway を経由して、お客様の Amazon VPC にプライベート接続できます。

Canal Transit Gateway 接続の手順1 Canal Transit Gateway 接続の手順1

Amazon VPC ピアリング接続と Transit Gateway 接続を利用できます

Canal が現在サポートするパブリッククラウドのプライベート接続機能は、Amazon VPC ピアリング接続と Transit Gateway 接続です。Amazon VPC ピアリング接続を利用する手順については、SORACOM Canal を使用して閉域網で接続する (Amazon VPC ピアリング接続) を参照してください。

接続可能な AWS リージョンは リファレンス: Canal と接続できる AWS リージョン を参照してください。

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) SORACOM のアカウントを作成して IoT SIM およびデバイスを購入する

デバイスと、そのデバイスで利用できる IoT SIM を用意します。

SORACOM アカウントの作成方法と、IoT SIM およびデバイスの購入方法について詳しくは、SORACOM の利用を始める を参照してください。

(2) AWS のアカウントを用意する

AWS のアカウントを用意してください。

(3) Amazon VPC および EC2 インスタンスを作成します。

あらかじめ、Amazon VPC および EC2 インスタンスを作成してください。詳しくは、ステップ 1: Amazon VPC および EC2 インスタンスを作成する を参照してください。

準備完了

ステップ 1: VPG を作成する

Canal を利用するには、VPG Type-F (閉域網接続可能) を作成します。

Canal Transit Gateway 接続の手順1 Canal Transit Gateway 接続の手順1

VPG を作成する手順について詳しくは、VPG を作成する を参照してください。なお、「VPG を追加」画面では、以下のように設定します。

項目説明
[名前]任意の名前を入力します。
[タイプ]「Type-F (閉域網接続可能)」を選択します。
[インターネットゲートウェイ]ステップ 3: Transit Gateway の共有と接続申請を行う で申請する「お客様 VPC で利用している CIDR (複数可)」が 0.0.0.0/0 の場合は、OFF にします。Transit Gateway を経由せずにインターネットへ通信する要件がある場合は ON にします。
[ランデブーポイント] (*1)Transit Gateway 接続を利用する場合は、Transit Gateway と同じ AWS リージョンを選択してください。
  • (*1) 日本カバレッジでは、ランデブーポイントは「東京 (日本)」に固定されているため、[ランデブーポイント] は表示されません。
VPG ID をメモしてください

VPG を作成したら、VPG ID をメモしてください。Canal Transit Gateway 接続を申請する ときに必要な情報です。

ステップ 2: Transit Gateway を作成する

ここでは、Canal で接続する Transit Gateway を作成し、ステップ 1: Amazon VPC および EC2 インスタンスを作成する で作成した Amazon VPC に接続します。

既存の Transit Gateway も利用できます

既存の Transit Gateway を利用する場合は、この手順は不要です。ステップ 3: Transit Gateway の共有と接続申請を行う に進みます。

Canal Transit Gateway 接続の手順2 Canal Transit Gateway 接続の手順2

  1. AWS マネジメントコンソール にログインし、「VPC」を選択して、サイドメニューで [TRANSIT GATEWAY][Transit Gateway] の順にクリックします。

  2. [Transit Gateway を作成] をクリックして、各項目を設定します。

    項目説明
    [名前タグ]任意の名称を入力します。
    [デフォルトルートテーブル伝播]チェックを入れます。
  3. [Transit Gateway を作成] をクリックします。

    Transit Gateway が追加され、[状態] に「Pending」と表示されます。

    しばらくして Transit Gateway の作成が完了すると、「Available」と表示されます。

  4. サイドメニューで [TRANSIT GATEWAY][Transit Gateway 接続] の順にクリックします。

  5. [Transit Gateway アタッチメントを作成] をクリックし、各項目を設定します。

    項目説明
    [名前タグ - オプション]任意の名称を入力します。
    [Transit Gateway ID]手順 2~3 で作成した Transit Gateway 選択します。
    [VPC ID]ステップ 1: Amazon VPC および EC2 インスタンスを作成する で作成した Amazon VPC を選択します。

    そのほかの項目は、デフォルトのままにします。

  6. [Transit Gateway アタッチメントを作成] をクリックします。

    Transit Gateway アタッチメントが作成され、[状態] に「Pending」と表示されます。

    しばらくして Transit Gateway アタッチメントの作成が完了すると、「Available」と表示されます。

ステップ 3: Transit Gateway の共有と接続申請を行う

ここでは、ステップ 2: Transit Gateway を作成する で作成した Transit Gateway を、AWS Resource Access Manager (RAM) でソラコムが管理する AWS アカウントに共有します。このあとのステップで必要な情報と合わせて、Transit Gatewaty 共有のための情報をソラコムに申請します。

Canal Transit Gateway 接続の手順3 Canal Transit Gateway 接続の手順3

申請が必要な VPG の設定変更については、VPG 設定変更手数料が発生します。

Transit Gateway を共有してリソース共有 ID を取得する

  1. AWS マネジメントコンソール にログインし、「Resource Access Manager」(RAM) を選択して、[リソースの共有の作成] をクリックします。

    リソース共有の詳細を指定画面が表示されます。

  2. 各項目を設定します。

    項目説明
    [Name]任意の名称を入力します。
    [リソース - オプション][リソースタイプを選択します]「トランジットゲートウェイ」を選択します。
    [リソース - オプション] のトランジットゲートウェイの一覧ステップ 2: Transit Gateway を作成する で作成した Transit Gateway のチェックを入れます。
  3. [Next][Next] をクリックします。

    各リソースタイプにアクセス許可を関連付ける画面は、デフォルトの設定のまま進めます。

    アクセスを許可されているプリンシパルを選択画面が表示されます。

  4. 各項目を設定します。

    項目説明
    [プリンシパル - オプション]「外部のプリンシパルとの共有を許可」を選択します。
    [プリンシパル]

    「AWS アカウント」を選択し、VPG のカバレッジタイプにあわせて、以下のいずれかを入力します。

    • 日本カバレッジ: 762707677580
    • グローバルカバレッジ: 950858143650
  5. [作成][Next] の順にクリックします。

  6. [リソース共有を作成] をクリックします。

    リソース共有が作成されます。リソース共有の ID をメモします。Canal Transit Gateway 接続を申請する ときに必要な情報です。

    リソース共有の ID は、AWS マネジメントコンソール にログインし、「Resource Access Manager」(RAM) を選択して、サイドメニューで [自分が共有][リソースの共有] の順にクリックすると確認できます。

    リソースの共有の ID リソースの共有の ID

Transit Gateway 接続の申請に必要な情報を確認する

Transit Gateway 接続の申請には、以下の情報が必要です。

情報確認方法
  • AWS のアカウント番号
  • AWS リージョン

AWS マネジメントコンソール にログインすると、右上にリージョン(東京など) が表示されます。また、右上の [サポート][サポートセンター] の順にクリックすると AWS のアカウント番号を確認できます。

VPG VPG

VPG VPG

お客様の Amazon VPC のアドレスレンジ (IPv4 CIDR)

AWS マネジメントコンソール にログインし、「VPC」を選択して、VPC ダッシュボードの [VPC] をクリックすると確認できます。

VPG VPG

Canal Transit Gateway 接続を申請する

この手順は、SORACOM Canal Transit Gateway 接続ご利用開始までの流れ の「3. SORACOM Canal / AWS Transit Gateway 接続ご利用申請 (お客様→SORACOM)」です。

申請フォームを表示し、各項目を入力して Canal Transit Gateway 接続の申請を行います。

申請には、以下の情報が必要です。

情報説明
[AWS アカウント ID]Transit Gateway 接続の申請に必要な情報を確認する で確認した AWS のアカウント番号を入力します。
[AWS リージョン名]Transit Gateway 接続の申請に必要な情報を確認する で確認した AWS リージョンを入力します。
[SORACOM VPG ID]ステップ 1: VPG を作成する でメモした VPG ID を入力します。
[お客様 VPC で利用している CIDR (複数可) を記入してください。]Transit Gateway 接続の申請に必要な情報を確認する で確認したお客様の Amazon VPC のアドレスレンジ (IPv4 CIDR) を入力します。
[Transit Gateway リソース共有 ID を記入してください。]Transit Gateway を共有してリソース共有 ID を取得する でメモしたリソース共有の ID を入力します。

ステップ 4: Transit Gateway 接続を承認する

申請後、数営業日経過すると、「VPG がある Amazon VPC」 から Transit Gateway への接続として、Transit Gateway 接続 ID が通知されます。ここでは、その Transit Gateway 接続を承認します。

この手順は、Transit Gateway の Auto accept shared 設定が enable の場合は不要です。

  1. AWS マネジメントコンソール にログインし、「VPC」を選択して、[TRANSIT GATEWAY][Transit Gateway 接続] をクリックします。

  2. ソラコムから通知された Transit Gateway 接続にチェックを入れて、[アクション][Transit Gateway アタッチメントを承諾][承諾] の順にクリックします。

    その後、ソラコムで VPG のルートテーブルに Transit Gateway に向けるルーティング設定を追加し、E メールでお客様に通知します。

    これで Transit Gateway 接続が有効になり、Canal による接続が可能になりました。

ステップ 5: お客様の Amazon VPC のルートテーブルに Transit Gateway のルーティングを追加する

Transit Gateway を経由して VPG からお客様の Amazon VPC と通信するためには、お客様の Amazon VPC から Transit Gateway への戻り通信のルーティング設定が必要ですので、本ステップで追加します。

Canal Transit Gateway 接続の手順5 Canal Transit Gateway 接続の手順5

  1. AWS マネジメントコンソール にログインし、「VPC」を選択して、サイドメニューで [VIRTUAL PRIVATE CLOUD][VPC] の順にクリックします。

  2. ステップ 1: Amazon VPC および EC2 インスタンスを作成する で作成した Amazon VPC にチェックを入れて、[メインルートテーブル] に表示されているルートテーブル ID をクリックします。

  3. [ルート][ルートを編集] の順にクリックします。

    ルートを編集画面が表示されます。

  4. [ルートを追加] をクリックします。

  5. 各項目を設定します。

    項目説明
    [送信先]ソラコムから通知された「Transit Gateway 接続 ID」の「CIDR」の値を入力します。
    [ターゲット]「Transit Gateway」を選択し、ソラコムから通知された「Transit Gateway 接続 ID」を入力します。
  6. [変更を保存] をクリックします。

ステップ 6: 閉域網で接続する

SORACOM Canal を使用して閉域網で接続する (Amazon VPC ピアリング接続)ステップ 3: 閉域網で接続する に進んでください。

(参考) Canal の利用を終了する

Canal を用いた閉域網接続が不要になった場合は、ステップ 1: VPG を作成する で作成した VPG の利用を終了 / 削除してください。詳しくは、VPG の利用を終了する / 削除する を参照してください。

VPG 以外にも料金が発生しています

VPG 以外にも料金が発生します。課金を止める場合は、削除してください。