Soracom

Users

ドキュメント

固定グローバル IP アドレスオプションを利用する

インターネットゲートウェイを ON にした VPG では、インターネット出口側のグローバル IP アドレス (アクセス元 IP アドレス) を固定できます。

なお、この IP アドレスは、他のユーザーの IoT SIM に利用されることはありません。企業内システム等へのアクセス制御に利用できます。

固定された IP アドレスをアクセス元とする通信のみ、データセンターへのアクセスを許可するイメージ図: 固定グローバル IP アドレスオプション 固定グローバル IP アドレスオプション

この機能を有効化すると、その VPG を適用した SIM グループに所属する IoT SIM からの通信は、アクセス元 IP アドレスが固定されます。

また、Beam や Funk が転送先にリクエストを送る際のアクセス元 IP アドレスもこの IP アドレスに固定されるため、よりセキュアに利用できます。

[インターネットゲートウェイ] が「なし」の VPG では、インターネットへの出口 (グローバル IP アドレス) が存在しないため、固定グローバル IP アドレスオプションは利用できません。

複数の IoT SIM を利用している場合でも、接続先から見たアクセス元 IP アドレスは同じです。IP アドレスでは、どの IoT SIM からの接続か見分けることはできません。

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) インターネットゲートウェイを ON にした VPG を作成する

VPG を作成してください。詳しくは、VPG を作成する を参照してください。

  • [インターネットゲートウェイ] が OFF の VPG では、インターネットへの出口 (グローバル IP アドレス) が存在しないため、固定グローバル IP アドレスオプションを利用できません。
  • 作成済みの VPG の [インターネットゲートウェイ] の設定は変更できません。

(2) IoT SIM が VPG を利用するように設定する

IoT SIM が、(1) で作成した VPG を利用するように設定し、セッションを再確立してください。詳しくは、IoT SIM が利用する VPG を切り替える を参照してください。

準備完了
  1. 固定グローバル IP アドレスオプションの設定を変更する VPG の VPG 設定画面を表示します。

    VPG 設定画面を表示する操作について詳しくは、VPG の設定を変更する を参照してください。

  2. [グローバル IP アドレス][IP アドレスを割当][有効にする] の順にクリックします。

    [グローバル IP アドレス] に、IP アドレスが表示されます。この VPG を適用した SIM グループに所属する IoT SIM からの通信は、アクセス元 IP アドレスが、このいずれかの IP アドレスに固定されます。

    なお、固定グローバル IP アドレスオプションを無効化するには、[IP アドレスを開放][無効にする] の順にクリックします。

固定グローバル IP アドレスオプションを切り替えたときの動作について

固定グローバル IP アドレスオプションを切り替えると、すぐに VPG に割り当てられるグローバル IP アドレスが変更されます。以下の点に注意してください。

  • アクセス先のファイアウォール等の設定変更が必要になる場合があります。
  • IoT SIM の セッション は維持されます。
  • グローバル IP アドレスが変わるため SSH などのセッションが、切断される可能性があります。