MENU

Soracom

Users

VPG を作成する

  • VPG を作成するとセットアップ料金が発生します。
  • VPG を作成すると削除するまで基本料金が発生します。
  • 各料金の詳細は VPG 利用料金 も参考にしてください。

SORACOM のユーザーコンソールにログインし、VPG を作成したいカバレッジを選択します。日本カバレッジの SIM は日本カバレッジの VPG を、グローバルカバレッジの SIM はグローバルカバレッジの VPG を利用できます。

ステップ 1: VPG を作成する

画面左上部のプルダウンメニューから VPG を選択します。

VPG を追加 をクリックします。

各項目を設定し 作成 をクリックします。

  • 名前 : 任意の名前を設定します。
  • タイプ : VPG Type を選択します。
  • インターネットゲートウェイを使う : 当 VPG を利用する SIM にインターネットアクセスを許可するかの設定です。オフとすると SORACOM Beam 等を用いてもインターネットへアクセスできません。
  • デバイスサブネット IP アドレスレンジ : VPG 経由で接続するデバイスの IP アドレスレンジを設定します。設定できる範囲は リファレンス: IP アドレスの割り当て方式 の「VPG 経由で接続するデバイスの IP アドレス」を参照してください。
名前以外の設定項目は後から変更できません。

作成 をクリックすると、以下のように 状態作成中 となります。作成には数分程度かかります。 実行中 となれば作成完了です。

VPG ランデブーポイント

グローバルカバレッジでは VPG Type-E/F の作成時にランデブーポイントを指定できます。

ランデブーポイントとは、SORACOM Air for Cellular が接続する SORACOM プラットフォームの接続拠点です。 グローバルカバレッジでは、デフォルトの AWS フランクフルトリージョン(ドイツ)、AWS オレゴンリージョン(米国)、AWS 東京リージョン(日本)から選択できます。ランデブーポイントについての詳細は、 ランデブーポイント詳細 をご確認ください。

他の国や地域から接続した場合でも、選択したランデブーポイントを経由してインターネットへ接続します。例えば VPG 作成時にランデブーポイント・オレゴンを指定すると、その VPG を利用する IoT SIM が日本から接続した場合でもオレゴンのランデブーポイントを経由してインターネットへ接続します。

ステップ 2: SORACOM IoT SIM の VPG 利用を有効にする

方法 1. グループ設定で VPG を有効にする

VPG を利用するには SIM が所属するグループの設定で VPG を有効にします。複数のグループで同じ VPG を利用できます。

SIM がグループに所属していない、または新しいグループを作成したい場合はユーザーコンソールの SIM 管理画面より対象の SIM を選択し 操作所属グループ変更新しいグループを作成 を選択し、 保存 をクリックします。

SIM のグループ名を選択します。

SORACOM Air for Cellular 設定VPG (VIRTUAL PRIVATE GATEWAY)ON にし、ドロップダウンメニューより作成した VPG を選択し、 保存 を選択します。

方法 2. VPG が有効なグループに所属させる

VPG が有効なグループへ所属させたい場合はユーザーコンソールの SIM 管理画面より対象の SIM を選択し 操作所属グループ変更所属させたいグループ名 を選択します。

(共通) セッションを再作成する

オンライン状態の SIM の VPG 利用を有効にした場合、セッションを再作成します。デバイスが自動で再接続できる場合、SIM 管理画面より対象の SIM を選択し 操作セッション切断 を選択することで SORACOM プラットフォームからセッションを切断できます。オフライン状態の SIM は次回オンラインとなったタイミングにて自動で VPG 利用が有効となります。

  • VPG (VIRTUAL PRIVATE GATEWAY) のドロップダウンメニューに表示される Public GatePrivate Garden についてはそれぞれのドキュメントを参照してください。
  • オンラインの SIM の VPG 利用を有効にするには、必ずセッションの再作成が必要です。ユーザーコンソールからセッションを切断する場合はデバイスが再接続できるか確認してください。