MENU

Soracom

Users

Type-F へ移行する (SORACOM Gate C2D を利用しない)

Type-C や Type-D でデバイスからクラウド方向への通信のみを利用し、SORACOM Gate C2D でクラウドからデバイス方向への通信は利用していなかった場合、本手順で移行します。SORACOM Gate C2D の設定手順は Getting Started: クラウドからデバイスへアクセスする となりますので、利用されているかの確認にご利用ください。

セッション切断時に通信断が発生します。
SORACOM Direct を利用する場合は Type-F VPG 作成の前に 申請ページ より専用線の申請をしてください。

設定不備などで切り戻す場合は 4 ~ 5 の手順を以下のように実施します

  1. グループの VPG を移行元の VPG へ変更する
  2. 各 SIM のセッションを切断し、接続する VPG を切り替える

ステップ 1: 移行先の Type-F VPG を作成する

VPG を作成する を参照して を参照して Type-F VPG を作成します。以下の以下の 2 点にご注意ください。

  1. SORACOM Gate D2D のデバイス通信で現行と同じアドレス空間を引き継ぐ場合、デバイスサブネット IP アドレスレンジは現在と同じにします。
  2. インターネットゲートウェイの ON/OFF は後から変更できません

ステップ 2: 作成した VPG に移行元と同じ設定を適用する

以下の項目について移行元の設定を確認し、同じ設定を適用します。

  • Gate 設定 (有効・無効)
  • プライバシーセパレーター
  • IP アドレスマップ (引き継ぐ場合)
  • アウトバウンドルーティングフィルター

設定の確認及び適用方法は グループ設定 および アウトバウンドルーティングフィルターを設定する を参照してください。移行元の環境において こちら の手順で SORACOM Gate C2D を利用していた場合は Type-F へ移行する (SORACOM Gate C2D を利用する) の移行手順を実施してください。

ステップ 3: Canal, Door の設定をする

ステップ 4: グループの VPG を移行先の VPG へ切り替える

オンライン状態の SIM は VPG を切り替えるためにセッション再作成が必要です。次の項の「各 SIM のセッションを切断する」を必ず実施してください。

移行元の VPG を利用しているグループは VPG 管理画面より [基本設定] > [この VPG を利用しているグループ] で確認できます。

グループ名を選択し、[SORACOM Air for Cellular 設定] > [VPG] より VPG を切り替えられます。

ステップ 5: 各 SIM のセッションを切断し、接続する VPG を切り替える

セッションの切断 の手順を参照して、グループに所属している各 SIM のセッションを切断します。このタイミングで VPG が移行されます。

利用している VPG が変更されているかは SORACOM CLIsoracom subscribers list または SORACOM API の listSubscribers にて vpgId パラメータで確認できます。

事前に試験したい場合などは、以下のような手順で SIM を段階的に移行することも検討してください。

  1. 試験用の SIM 用のグループを作成し、本番のグループと同じ設定をする
  2. 試験用のグループに SIM を所属させる
  3. 試験用のグループの VPG を移行後のグループに設定する
  4. 試験用の SIM のセッションを切断する
  5. 試験用の SIM のセッションが再作成されたら、CLI や API で VPG が切り替わっていることを確認する
  6. 試験用の SIM について想定通り通信できることを確認する
  7. 他の SIM についても段階的に移行する

ステップ 6: 移行元の VPG を削除する

VPG を削除する の手順を参照して、移行元の VPG を削除します。

  • VPG を利用するオンライン状態の SIM が存在すると VPG は削除できません。すべての SIM を移行先の VPG へ所属させたうえで削除してください。
  • 削除した VPG は再度利用できません。

以上で Type-F への移行は完了です。