MENU

Soracom

Users

移行の計画

旧タイプの Virtual Private Gateway (VPG) (Type-C, Type-D) から新タイプの VPG (Type-E, Type-F) へ移行するためのガイドです。 以下のステップで計画・移行します。

移行対象の VPG を利用しているかの確認

旧タイプの VPG (Type-C, Type-D) を利用している場合、移行を推奨します。旧タイプの VPG については引き続きご利用頂けますが、新機能が利用できない可能性があります。後述するメリットを確認し、計画的に移行を検討してください。

旧タイプの VPG を利用しているかは、VPG の一覧より確認できます。

確認手順

SORACOM ユーザーコンソール へログインし、画面左上部のプルダウンメニューから「VPG」を選択します。

VPG 一覧が表示されるので、「タイプ」列に「Type-C」または「Type-D」と記載された VPG がある場合、当 VPG が移行対象となります。

移行するメリットの確認

新タイプへの移行には機能面・性能面・価格面でメリットがあります。

機能面のメリット

  • Type-E, Type-F ともにオンデマンドパケットキャプチャサービスの SORACOM Peek が利用できます
  • Type-F では AWS Transit Gateway と接続できます
  • 今後リリースされる機能が Type-E, Type-F のみをサポートする可能性があります

性能面のメリット

  • Type-E, Type-F ともにグローバルカバレッジでは ランデブーポイント が選択できます。ランデブーポイントによっては、インターネット接続や SORACOM Gate D2D のデバイス間接続、SORACOM Canal のプライベート接続におけるネットワーク経路が最適化され、遅延が減少する効果が期待できます。

価格面のメリット

  • 利用している機能が Type-E で充足する場合は、Type-E へ移行すると基本料金を節約できます
  • Type-D を利用している場合は、Type-F へ移行すると基本料金を節約できます

各タイプの料金は VPG 料金ページ を参照してください。

移行先 VPG タイプの確認

利用している機能により、移行先のタイプが異なります。

  • SORACOM Canal で VPC Peering 接続、SORACOM Door で VPN 接続、SORACOM Direct で専用線接続している => Type-F
  • 上記を利用しておらず、インターネットゲートウェイ ON の VPG を利用している => Type-E
  • 上記を利用していないが、インターネットゲートウェイ OFF の VPG を利用している => VPG アウトバウンドルーティングフィルターで代替できれば Type-E、できなければ Type-F

インターネットゲートウェイを VPG アウトバウンドルーティングフィルターで代替できるかは、 インターネットゲートウェイと VPG アウトバウンドルーティングフィルターの違い を確認してください。

Type-E を選択するシナリオについて、いくつか例を紹介します。VPC Peering や VPN、専用線接続ではなく、以下のように利用している場合はいずれも Type-E へ移行できます。

  • SORACOM Gate D2D でデバイス間通信のために利用している
  • アウトバウンドルーティングフィルターのために利用している
  • 固定グローバル IP アドレスオプションのために利用している

もし上記のいずれにも該当せず、移行先の VPG タイプが不明な場合は サポートへお問合せ 下さい。

注意事項

  • VPG のタイプは途中で変更できません。そのため移行は新規に VPG を作成し、各 SIM を新 VPG に所属させる流れとなります。
  • 各 SIM の所属する VPG を変更するには SIM 毎にセッションを再作成します。セッションの詳細については セッション状態」「セッション履歴」とは何ですか? を参照してください。
  • SIM の所属する VPG が変更されているかは SORACOM CLIsoracom subscribers listsoracom subscribers get または SORACOM APIlistSubscribersgetSubscribers にて vpgId パラメータで確認できます。
  • Type-C / D から Type-E へ移行する場合、大きな差異は「Canal, Door, Direct を利用できるか」と「インターネットゲートウェイを無効にできるか」です。インターネットゲートウェイ無効の VPG を利用したい場合、 インターネットゲートウェイと VPG アウトバウンドルーティングフィルターの違い を確認し代替できるかを検討してください。
  • SORACOM Gate D2D でデバイス間接続をする場合、同じ VPG に所属した SIM 間でのみ通信できることに注意してください。段階的に移行する場合は特に注意が必要です。
  • SORACOM Gate C2D でクラウド to デバイス通信をする場合、移行には Gate Peer の VXLAN 設定を再度投入する必要があります。
  • 移行にあたって、VPG の IP アドレスが変更されます。SORACOM Canal や Door を利用している場合、接続先環境にてルーティングの変更が必要になります。各タイプ、ランデブーポイントの IP アドレスは リファレンス: IP アドレスの割り当て方式 を参照してください。
  • 固定グローバル IP アドレスオプションで提供した IP アドレスは原則、旧タイプから新タイプの VPG へ引き継げません。新規に申請して別の固定グローバル IP アドレスを提供する流れとなります。新タイプの VPG へ引き継ぎが必要という場合は サポートへお問合せ 下さい。

移行方法

現在利用しているサービス、および移行先 VPG のタイプによって移行方法が異なります。以下のようなパターンがあります。Type-F へ移行する場合はクラウドからデバイスへ通信する SORACOM Gate C2D を利用しているかどうかで方法が異なります。