Soracom

Users

ドキュメント

VPG の設定を変更する

VPG 設定画面を表示して、VPG の設定を変更します。

  1. ユーザーコンソール にログインし、VPG を利用する IoT SIM にあわせてカバレッジタイプを変更します。

    たとえば、plan01s の IoT SIM で利用する VPG を作成する場合は、グローバルカバレッジの表示に変更します。詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. [Menu][VPG] の順にクリックします。

  3. 設定を変更する VPG をクリックします。

    VPG 設定画面が表示されます。

  4. VPG の設定を変更します。

    項目説明
    [この VPG を削除]VPG を削除できます。詳しくは、VPG を削除する を参照してください。
    [ID]VPG ID です。
    [名前]VPG 名です。VPG 名の鉛筆アイコンをクリックして、VPG 名を変更できます。
    [状態]VPG の状態です。
    [タイプ]VPG Type です。詳しくは、VPG のタイプ を参照してください。
    [ランデブーポイント]ランデブーポイントです。詳しくは、ランデブーポイント を参照してください。
    [サイズ]VPG のサイズです。サイズごとに、回線数の上限などが設定されています。詳しくは、Virtual Private Gateway のご利用料金 を参照してください。
    [デバイスサブネット IP アドレスレンジ]VPG 作成時に指定する、IoT SIM へ割り当てられるプライベート IP アドレスの範囲です。
    [VPG IP アドレスレンジ]VPG の IP アドレスの範囲については、サポート までお問い合わせください。
    [インターネットゲートウェイ]
    • あり: インターネットゲートウェイを利用する
    • なし: インターネットゲートウェイを利用しない
    [グローバル IP アドレス]固定グローバル IP アドレスオプションの利用状況です。詳しくは、固定グローバル IP アドレスオプションを利用する を参照してください。以下のいずれかが表示されます。
    • 動的: グローバル IP アドレスが固定されていません。
    • 固定: VPG に割り当てられた固定グローバル IP アドレスが表示されます。
    • なし (完全閉域): [インターネットゲートウェイ] が「なし」のためグローバル IP アドレスは割り当てられません。
    [基本設定]基本設定 を参照してください。
    [閉域網設定] (*1)閉域網設定 を参照してください。
    [デバイス LAN 設定]デバイス LAN 設定 を参照してください。
    [アクセス制御]アクセス制御 を参照してください。
    [パケットキャプチャ]Peek を利用して、VPG のパケットをキャプチャします。詳しくは、VPG のパケットをキャプチャする (Peek for VPG) を参照してください。
    [JUNCTION 設定] (*1)JUNCTION 設定 を参照してください。
    • (*1) VPG Type-E では、表示されません。

基本設定

項目説明
[この VPG を利用しているグループ]

VPG を利用するグループの追加 / 解除ができます。VPG を有効化したグループに含まれる IoT SIM は、VPG を利用します。

  • 追加するには、[+ グループを追加] をクリックし、グループを選択して [追加] をクリックします。
  • 解除するには、[- 解除][解除] の順にクリックします。
グループの追加 / 解除をしただけでは IoT SIM が利用する VPG は切り替わりません

IoT SIM が利用する VPG を切り替えるには、セッションを再確立します。詳しくは、設定を変更した SIM グループに所属するすべての IoT SIM のセッションを再確立するには を参照してください。

[Tag 設定]

VPG に付加情報 (タグ) を設定できます。VPG のタグは、VPG に任意のデータをリンクさせるための Key-Value ストア (保存領域) です。1 つの VPG に対して、任意の名前 (キー) と任意の値をペアで、name を除いて 19 個まで設定できます。

name は、VPG の名前として利用されています。追加すると、[名前] が変更されます。削除はできません。
VPG のタグの利用例

VPG のタグは、課金詳細情報 CSV に出力されます。課金詳細情報 CSV をダウンロードして、VPG のタグの値ごとに料金を集計できます。

閉域網設定

VPG Type-E では、表示されません。

項目説明
[Amazon VPC ピアリング接続 (SORACOM Canal)]Canal や Gate で、お使いの Amazon VPC と Amazon VPC ピアリング接続を利用する場合に設定します。詳しくは、SORACOM Canal を使用して閉域網で接続する (Amazon VPC ピアリング接続) を参照してください。
[AWS Transit Gateway 接続 (SORACOM Canal)]Canal では、Transit Gateway 接続を利用して閉域網で接続できます。詳しくは、SORACOM Canal を使用して閉域網で接続する (Transit Gateway 接続) を参照してください。
[VPN 接続 (SORACOM Door)]Door を利用して VPN 接続できます。詳しくは、SORACOM Door を使用して Azure と VPN 接続する を参照してください。
[専用線接続 (SORACOM Direct)]Direct を利用して専用線接続できます。詳しくは、SORACOM Direct と MCR クラウド接続 を使用して Azure とプライベート接続する を参照してください。

デバイス LAN 設定

項目説明
[Gate を有効にする]

SORACOM Gate の有効 / 無効を設定します。Gate の利用方法については、クラウドからデバイスへアクセスする (SORACOM Gate C2D) および デバイス間で通信する (SORACOM Gate D2D) を参照してください。

加えて、以下を設定できます。

  • [VXLAN Network Identifier] (*1): VXLAN ID を 1-16777215 の範囲で任意に指定できます。
  • [プライバシーセパレータ] (*1): IoT SIM を利用するデバイス間の通信 (Gate D2D) について有効 / 無効を指定できます。
    • チェックを入れる : Gate D2D を無効にします。
    • チェックを外す : Gate D2D を有効にします。
[VPG の Gate Peer 一覧] (*1)Gate Peer に VXLAN を設定する際に参照する情報です。Gate Peer を設定する方法については、クラウドからデバイスへアクセスする (SORACOM Gate C2D) を参考にしてください。
[お客様の Gate Peer 一覧] (*1)Gate を用いて Gate Peer からデバイスに接続する場合は、VPG に Gate Peer を追加します。Gate Peer からデバイスに接続する方法については、クラウドからデバイスへアクセスする (SORACOM Gate C2D) を参考にしてください。
[IP アドレスマップ]

デフォルトでは、VPG に参加する IoT SIM の IP アドレスは、[デバイスサブネット IP アドレスレンジ] の中からランダムに決まります。IP アドレスを固定するには、[+ エントリを追加] をクリックして、IMSI ごとに IP アドレスを指定します。

IP アドレスを指定する場合も、[デバイスサブネット IP アドレスレンジ] に含まれる IP アドレスから指定してください。

  • (*1) VPG Type-E では、表示されません。

アクセス制御

項目説明
[アウトバウンドルーティングフィルター]VPG からインターネット、ピアリング先や専用線、仮想専用線での接続先環境へのアクセスを IP アドレスレンジで許可/拒否できます。詳しくは、アウトバウンドルーティングフィルターを設定する を参照してください。

JUNCTION 設定

VPG Type-E では、表示されません。

項目説明
[SORACOM Junction: ミラーリング設定]VPG を透過するパケットのコピーを、任意のサーバー (例: Amazon VPC 内の EC2 インスタンス) に転送できます。詳しくは、ミラーリング機能を使用して VPG を通過するパケットのコピーを転送する を参照してください。
[SORACOM Junction: インスペクション設定]VPG を通過するパケットの統計情報を、対応するサービス (例: Amazon Kinesis Stream) に送信できます。詳しくは、インスペクション機能を使用して VPG を通過するパケットの統計情報を可視化する を参照してください。
[SORACOM Junction: リダイレクション設定]VPG を通過する IoT SIM からの通信が、お客様が指定したサーバーを経由するように経路を変更できます。詳しくは、リダイレクション機能を利用し VPG を通過するパケットの経路を変更する を参照してください。