Soracom

Users

スタートガイド

利用料金を確認する / 課金詳細情報 CSV をダウンロードする

利用料金に関する以下の情報を、ユーザーコンソールで確認したり、ダウンロードしたりできます。

項目説明
今月のご利用料金

今月の月初から現時点までの利用料金の速報値を確認できます。課金詳細情報 CSV をダウンロードすることもできます。詳しくは、今月の利用料金を確認する / CSV ファイルをダウンロードする を参照してください。

過去のご利用料金

月ごとに利用料金を確認したり、課金詳細情報 CSV をダウンロードしたりできます。[過去のご利用料金] の各行をクリックすると、ご利用料金詳細画面が表示され、その月の利用料金の日次の詳細が確認できます。詳しくは、過去の利用料金を確認する / CSV ファイルをダウンロードする を参照してください。

利用料金はカバレッジタイプごとに請求されます

サービスの利用料金は、カバレッジタイプごとに単価が異なるため、カバレッジタイプごとに請求されます。サービスの利用料金を確認する際は、対象のカバレッジタイプを選択してください。

支払明細書 (PDF) やソラコム発行の請求書 (PDF) もダウンロードできます

今月の利用料金を確認する / CSV ファイルをダウンロードする

今月の月初から現時点までの利用料金の速報値を確認できます。また、課金詳細情報 CSV をダウンロードすることもできます。

今月の利用料金は速報値です

実際の利用料金と、速報値は異なります。具体的には、実際の利用料金はサービスを利用した時点で発生しますが、速報値は定期的に集計されます。利用料金が発生してから、この集計が完了するまでに 1 日程度の時間がかかる場合があります。また、利用料金の種類によって速報値の計算に含まれるかどうかは、以下のように異なります。

利用料金の種類計算に含まれる / 含まれない備考
初期費用含まれないIoT SIM を申し込んだ場合、デバイスを購入した場合、VPG をセットアップした場合など、サービスの利用を開始するときだけに発生する初期費用は、速報値の計算に含まれません。
サブスクリプションの追加 / バンドルの変更-月の途中にサブスクリプションを追加したり、バンドルを変更した場合、速報値は、実際の利用料金よりも多くなります。月末の集計時には正しい金額で集計されます。たとえば、plan-D (バンドルなし) から plan-D D-300MB に変更した月の利用料金に、plan-D (バンドルなし) の基本料金およびデータ通信料金が出力される場合があります。この出力は一時的なものです。その月の利用料金を確定する際に、月初に遡って plan-D D-300MB として再計算され、正しい料金が請求されます。
月額料金 / 日額料金 / 時間料金など、継続して発生する利用料金含まれるNapter のように、使用した月にのみ月額で発生するサービスも「月額料金」として速報値の計算に含まれます。
長期利用割引含まれる-
クーポン含まれる購入済みの IoT SIM データ通信料クーポンや、SORACOM プラットフォームクーポンも速報値の計算に含まれます。つまり、利用料金からクーポンの金額が引かれた値が速報値として表示されます。
無料利用枠含まれるHarvest Data など一部のサービスには、無料利用枠が設定されています。この無料利用枠も計算に含まれます。
含まれる-
  1. ユーザーコンソール にログインし、利用料金を確認するカバレッジタイプを選択します。

    詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. 右上のユーザー名をクリックして、[ご利用料金] をクリックします。

    今月の利用料金が表示されます。

    • [CSV 形式でダウンロード] をクリックすると、今月の 課金詳細情報 CSV をダウンロードできます。
SORACOM CLI / SORACOM API の場合
  • SORACOM CLI を利用する場合は、soracom bills export-latest を使用します。
  • SORACOM API を利用する場合は、Billing:exportLatestBilling API を使用します。

過去の利用料金を確認する / CSV ファイルをダウンロードする

利用料金を月ごとに確認できます。また、課金詳細情報 CSV をダウンロードすることもできます。

課金詳細情報 CSV に利用料金の速報値が出力される場合があります

通常、利用料金の締め処理は月初から 1-3 営業日以内に完了します。この締め処理が行われるまでに、前月の課金詳細情報 CSV をダウンロードすると、利用料金の速報値 が出力されます。

利用料金の保持期間は 18 か月です

ユーザーコンソールでダウンロードできる過去の利用料金は、過去 18 か月までです。それ以前の利用料金が必要な場合は、SORACOM サポート に問い合わせてください。

  1. ユーザーコンソール にログインし、利用料金を確認するカバレッジタイプを選択します。

    詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. 右上のユーザー名をクリックして、[ご利用料金] をクリックします。

    [過去のご利用料金] に月ごとの利用料金が表示されます。

    日次の詳細を確認する月をクリックすると、ご利用料金詳細画面が表示されます。

    • ご利用料金詳細画面で [上記の詳細を CSV 形式でダウンロード] をクリックすると、その月の 課金詳細情報 CSV をダウンロードできます。

      過去月の詳細CSV取得2 過去月の詳細CSV取得2

利用料金は通常月初から 1-3 営業日以内に完了します

[過去のご利用料金][お支払い状況] の表示の意味は以下のとおりです。

お支払い状況説明
集計中表示される利用料金は、速報値です。
決算処理準備中表示される利用料金は、確定値です。
お支払い済み表示される利用料金は、確定値です。また、クレジットカードで支払い済み、または前払いクーポンを使って清算完了済みです。

そのほかの表示の意味については、FAQ: ご利用料金のお支払状況について を参照してください。

SORACOM CLI / SORACOM API の場合
  • SORACOM CLI を利用する場合は、soracom bills export を使用します。
  • SORACOM API を利用する場合は、Billing:exportBilling API を使用します。