MENU

Soracom

Users

M5Stack の開発環境を準備する

M5Stack と 3G 拡張ボードを用いた開発を行うために以下の準備を行います。

Arduino IDE のインストール

M5Stack の開発 (ソースコード記述、コンパイル、バイナリファイル転送)には、Arduino IDE を利用します。Arduino のサイトからご利用の OS 向けの Arduino IDE をダウンロードし、表記に従ってインストールしてください。

USB シリアルドライバーのインストール

PC と接続するための USB シリアルドライバーをインストールします。

Windows の場合

  1. M5Stack の Web サイトから Windows 用の CP210X Driver をダウンロードします。

  2. ダウンロードした CP210x_VCP_Windows.zip を展開します。

  3. CP210xVCPInstaller_x64_v6.7.0.0 をダブルクリックしてインストールします。

  4. 付属の USB Type-C ケーブルを使用して PC と接続します。[デバイスマネージャ] を開き [ポート (COM と LPT)] で Silicon LabsCP210x USB to UART Bridge (COMnn) が表示されることを確認してください (nn は環境によって異なります)

macOS の場合

  1. M5Stack の Web サイトから macOS 用の CP210X Driver をダウンロードします。

  2. ダウンロードした CP210x_VCP_MacOS.zip を展開します。

  3. SiLabsUSBDriverDisk.dmg をダブルクリックしてマウントします。

  4. Finder でマウントされた Silicon Labs VCP Driver Install Disk が開かれますので Silicon Labs VCP Driver.pkg をダブルクリックしてインストールします。

  5. 付属の USB Type-C ケーブルを使用して PC と接続します。

  6. [システム環境設定] > [セキュリティとプライバシー] でドライバーのロードを承認します。詳細はアップル社の以下のドキュメントをご参照ください。

ESP32 ボード定義のインストール

M5Stack を Arduino IDE で扱うためボード定義をインストールします。

  1. Arduino IDE を起動します。

  2. メニューから [ファイル] > [環境設定] を選択します。

  3. [設定タブ] の [追加のボードマネージャの URL:] へ以下の URL を入力して [保存] をクリックします。 https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json

  4. Arduino IDE の [ツール] > [ボード] > [ボードマネージャ] を選択します。

  5. 一覧の中から esp32 by Espressif Systems を選択しインストールをクリックします

ライブラリのインストール

実際のプログラム (Arduino では スケッチと称します)で M5Stack と 3G 拡張ボードが使えるようにするライブラリを追加します。

  1. Arduino IDE を起動します。

  2. Arduino IDE の [スケッチ] > [ライブラリをインクルード] > [ライブラリを管理…] を選択します。

  3. 一覧の中から M5Stack by M5Stack を選択し [インストール]をクリックします。

  4. 同様に TinyGSM by Volodymyr Shymanskyy を選択し[インストール]をクリックします。