MENU

Soracom

Users

Wio LTE の開発環境を準備する

Wio LTE の開発を行うために以下の準備を行います。

Arduino IDE のインストール

Wio LTE の開発 (ソースコード記述、コンパイル、バイナリファイル転送)には、Arduino IDE を利用します。 Arduino のサイトから Arduino IDE をダウンロードし、表記に従ってインストールしてください。

Download Arduino IDE

ボード定義のインストール

Wio LTE を Arduino IDE で扱えるようにするための機能を追加します。

  1. Arduino IDE を起動します
  2. Arduino IDE の [ファイル] > [環境設定]
  3. 下記 URL を 設定タブ にある “追加のボードマネージャの URL:” へ入力して、保存をクリックします http://www.seeed.co.jp/package_SeeedJP_index.json ※追加の様子: 追加の様子
  4. Arduino IDE の [ツール] > [ボード] > [ボードマネージャ]
  5. 一覧の中から SeeedJP STM32 Boards by Seeed K.K. を選択しインストールをクリックします seeed stm32 で検索すると見つけやすいです

上記の手順の動画です。

Windows をご利用の方は Arduino IDE を初めて起動するときにファイアウォールのウィンドウが開くことがあります。この時は「プライベートネットワーク」「パブリックネットワーク」双方にチェックを付けてください。

Wio LTE ライブラリのインストール

実際のプログラム (Arduino では スケッチと称します)で Wio LTE が使えるようにするライブラリを追加します。

  1. Arduino IDE を起動します
  2. Arduino IDE の [スケッチ] > [ライブラリをインクルード] > [ライブラリを管理…]
  • 一覧から wio lte で検索し Wio LTE for Arduino を選択しインストールをクリックします

上記の手順の動画です。

依存するソフトウェアのインストール

Wio LTE を開発するための依存するソフトウェアをインストールしていきます。OS 別に必要なソフトウェアが異なります。

Windows の場合

Windows では、以下2つのソフトウェアをインストールします。

  • WinUSB ドライバー
  • Virtual COM Port ドライバー

WinUSB ドライバー

Wio LTE を DFU(Device Firmware Upgrade) モード に切り替えてファイル書き込みを行う際に必要なドライバーです。

Zadig のバージョンは 2.3 を指定して下さい。その他のバージョンでは正常に動作しない可能性があります。
  1. Zadig サイト の Download にある Zadig 2.3 をクリックして、zadig-2.3.exe をダウンロードします
  2. Wio LTE を DFU モード に切り替えます
  3. zadig-2.3.exe を起動します
  4. zadig-2.3.exe の [Options] > [List All Devices]
  5. STM32 BOOTLOADER を選んだ後、Driver 欄の左を STTub30 、右を WinUSB に変更してから、Replace Driver をクリックします

デバイスマネージャの ユニバーサル シリアル バス デバイス の一覧に STM32 BOOTLOADER が表示されていれば成功です。上記の手順の動画です。

Virtual COM Port ドライバー

Wio LTE を通常モードで動作させた際に、Wio LTE にシリアルポートでアクセスするためのドライバーです

Virtual COM Port ドライバーは Github 上の SeeedJP/WioLTEforArduino - InstallVCOMDriver-ja の手順に従ってファイルの入手とインストールを行ってください

TeraTerm

Wio LTE からのシリアルコンソールを読み書きするためのソフトウェアです。検索エンジンで TeraTerm を探し、ダウンロードとインストールを行ってください。手順の動画です。

macOS の場合

macOS では、以下1つのソフトウェアをインストールします。

  • libusb

libusb

Wio LTE を DFU(Device Firmware Upgrade) モード に切り替えてファイル書き込みを行う際に必要なドライバーです

本手順を完了するためには Xcode と、Xcode の追加ソフトウェアである “Command Line Tools” が必要になります。あらかじめご準備ください
  1. Terminal.app を起動します
  2. 下記コマンドライン(2 行)を実行し Homebrew と libusb をインストールします
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
$ brew install libusb