Soracom

Users

スタートガイド

Wio LTE の開発環境を準備する

Wio LTE を利用したデバイスを開発するために、以下の準備を行います。

Arduino IDE 2 をインストールする

詳しくは、Arduino IDE 2 をインストールする を参照してください。

Wio LTE のボード定義をインストールする

Wio LTE を Arduino IDE で扱うために、Wio LTE のボード定義インストールします。

  1. Arduino IDE を起動して、[ファイル][基本設定] の順にクリックします。

  2. [設定] タブ → [追加のボードマネージャの URL] に「http://www.seeed.co.jp/package_SeeedJP_index.json」を入力して、[OK] をクリックします。

  3. [ツール][ボード][ボードマネージャ] の順にクリックします。

    ボードマネージャーが表示されます。

  4. [検索をフィルタ] に「seeed stm32」を入力し、「SeeedJP STM32 Boards」のバージョン (*1) を選択して、[インストール] をクリックします。

    • (*1) 「1.7」はインストールできることが確認されています。選択したバージョンがインストールできなかった場合は、別のバージョンのインストールを試してください。

    Wio LTE のボード定義がインストールされます。インストールに成功すると、「SeeedJP STM32 Boards」に [インストール済み] が表示されます。

開発対象のボードとして Wio LTE を選択する

Arduino IDE の開発対象のボードとして、Seeed Wio LTE Cat.1 (Wio LTE) を選択します。

  1. Arduino IDE を起動します。
  2. [ツール][ボード][SeeedJP STM32 Boards][Seeed Wio LTE Cat.1] の順にクリックします。

Wio LTE ライブラリをインストールする

スケッチで、Wio LTE の機能を呼び出すためのライブラリを追加します。

  1. Arduino IDE を起動して、[スケッチ][ライブラリをインクルード][ライブラリを管理] の順にクリックします。

    ライブラリマネージャーが表示されます。

  2. [検索をフィルタ] に「wio lte」と入力し、「Wio LTE for Arduino」の [インストール] をクリックします。

    ライブラリはアルファベット順に表示されます。

    Wio LTE の機能を呼び出すためのライブラリがインストールされます。

そのほかに必要なソフトウェアをインストールする

Wio LTE を PC に接続したときに必要なソフトウェアをインストールします。OS ごとに必要なソフトウェアが異なります。

Windows の場合

Windows では、以下のソフトウェアをインストールします。

ソフトウェア説明
Virtual COM Port ドライバーWio LTE を通常モードで動作させた際に、Wio LTE にシリアルポートでアクセスするためのソフトウェアです。
WinUSB ドライバーWio LTE を DFU モードで動作させた際に、ファイルを書き込むためのソフトウェアです。
Tera TermWio LTE のシリアル通信を行うためのソフトウェアです。
Wio LTE の動作モードごとに必要なソフトウェアが異なります

Wio LTE の動作モードについては、Wio LTE の通常モード と DFU モードを切り替える を参照してください。

Virtual COM Port ドライバー

Wio LTE を通常モードで動作させた際に、Wio LTE にシリアルポートでアクセスするためのソフトウェアです。

  1. Virtual COM Port デバイスドライバーのインストール の手順に従ってインストールします。

    インストールの手順を最後まで行ってください

    Windows 10 64bit の場合は、dpinst_amd64.exe をダブルクリックし、以下の画面で [インストール] をクリックすると、Virtual COM Port ドライバーがインストールされます。

    Install the Virtual COM Port ドライバー Install the Virtual COM Port ドライバー

  2. Windows のデバイスマネージャーを表示して「ポート (COM と LPT)」の一覧に「STMicroelectronics Virtual COM Port (COMx)」が表示されていることを確認します。

    詳しくは、現在の動作モードを確認する を参照してください。

WinUSB ドライバー

Wio LTE を DFU モードで動作させた際に、ファイルを書き込むためのソフトウェアです。

  1. Zadig の「Download」の「Other versions」をクリックして、「zadig-2.3.exe」をクリックします。

    zadig-2.3.exe がダウンロードされます。

    zadig-2.3.exe 以外のバージョンでは、正常に動作しない場合があります。

  2. Wio LTE を DFU モード に切り替えます。

    詳しくは、Wio LTE の通常モード と DFU モードを切り替える を参照してください。

  3. zadig-2.3.exe をダブルクリックして、起動します。

  4. [Options][List All Devices] の順にクリックします。

  5. 「STM32 BOOTLOADER」を選択し、Driver 欄の右側を「WinUSB (vX.X.XXXX.XXXXX)」に変更して、[Install Driver] をクリックします。

  6. デバイスマネージャーを表示して「ユニバーサル シリアル バス デバイス」の一覧に「STM32 BOOTLOADER」が表示されていることを確認します。

    詳しくは、現在の動作モードを確認する を参照してください。

Tera Term

Wio LTE とのシリアル通信を行うためのソフトウェアです。詳しくは、Tera Term を参照してください。

2021-11-26 現在、バージョン 4.106 (teraterm-4.106.exe) をインストールすることをおすすめします。

macOS の場合

macOS では、以下のソフトウェアをインストールします。

ソフトウェア説明
Xcode、Command Line Toolslibusb と dfu-util をインストールするために必要です。あらかじめ、Xcode と、Xcode の追加ソフトウェアの「Command Line Tools」をインストールしてください。
libusb、dfu-utilWio LTE を DFU モードで動作させた際に、ファイルを書き込むためのソフトウェアです。
  1. Terminal.app を起動します。

  2. Homebrew をインストールします。

    $ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
    
  3. libusb と dfu-util をインストールします。

    $ brew install libusb dfu-util
    

Linux の場合

Linux では、追加でインストールするソフトウェアはありません。