Soracom

Users

スタートガイド

Wio LTE の稼働時間を SORACOM Harvest Data へ送信する

SORACOM Harvest Data (以下、Harvest Data) に、Wio LTE の稼働時間 (uptime) を送信できます。

Wio LTE に取り付けた IoT SIM の Harvest Data を有効化する

Wio LTE に取り付けた IoT SIM の Harvest Data を有効化します。

詳しくは、ステップ 1: Harvest Data を有効化する を参照してください。

Wio LTE の稼働時間を Harvest Data へ送信する

  1. Arduino IDE を起動します。

  2. [ファイル][スケッチ例][Wio LTE for Arduino][soracom][soracom-harvest] の順にクリックします。

    新しい Arduino IDE で、soracom-harvest のスケッチ例が表示されます。

    スケッチ例は自由に編集できます

    スケッチ例は自由に編集できます。編集例については、スケッチを修正する を参照してください。

  3. Wio LTE を PC に接続して、DFU モード に切り替えます。

    詳しくは、Wio LTE の通常モード と DFU モードを切り替える を参照してください。

  4. [スケッチ][マイコンボードに書き込む] の順にクリックします。

    Wio LTE への書き込みが終了すると、Arduino IDE のウィンドウ下部に「DFU end」と表示されます。

  5. Wio LTE を 通常モードに切り替えます。

    詳しくは、Wio LTE の通常モード と DFU モードを切り替える を参照してください。

    通常モードに切り替わると、Harvest Data に Wio LTE の稼働時間が送信されます。

Harvest Data で稼働時間を確認する

  1. Wio LTE に取り付けた IoT SIM の Harvest Data のデータを確認します。

    詳しくは、ステップ 4: データを可視化する を参照してください。

    グラフ用データの例:

    {"uptime":16}
    

    稼働時間 (uptime) をグラフで表示することもできます。

  2. Arduino IDE の [ツール][シリアルポート] の順にクリックし、Wio LTE が接続されているシリアルポートを選択します。

    [シリアルポート] をクリックできないときは、[ツール][シリアルモニタ] の順にクリックしてから、もう一度操作してください。
  3. [ツール][シリアルモニタ] の順にクリックします。

    シリアルモニタ画面が表示され、Wio LTE の出力を確認できます。デフォルトでは、60 秒に 1 回の頻度でデータが出力されます。

    ### Open.
    ### Send.
    Send:{"uptime":559}
    ### Receive.
    Receive:201
    ### Close.
    
    Windows 環境でシリアルモニタが不安定になる場合

    Windows の Arduino IDE のシリアルモニタが不安定になる場合は、Tera Term などを利用してください。

  4. シリアルモニタ画面を閉じます。

スケッチを修正する

スケッチ例は、60 秒に 1 回の頻度で稼働時間 (uptime) を送信します。

スケッチを修正すると、この動作を変更できます。スケッチを修正したときは、あらためて Wio LTE にスケッチを書き込みます。

  • 送信間隔を変更する例:

    INTERVAL 定数の値 (ミリ秒) を変更します。

    変更前:

    #define INTERVAL (60000)
    

    変更後 (5 秒間隔で送信する場合):

    #define INTERVAL (5000)
    
  • Wio LTE に接続した Grove – 温湿度センサーで取得した値を送信する例:

    SENSOR_PIN 定数の値 (ポートを指定する定数) を変更します。

    編集前:

    // uncomment following line to use Temperature & Humidity sensor
    // #define SENSOR_PIN    (WIOLTE_D38)
    

    編集後 (Grove – 温湿度センサーを D38 に接続した場合):

    // uncomment following line to use Temperature & Humidity sensor
    #define SENSOR_PIN    (WIOLTE_D38)