MENU

Soracom

Users

Wio LTE の準備

Wio LTE を使うためには、以下の準備を行います。

  • 製品に添付されている microUSB ケーブルで PC と接続 (電源 兼 バイナリファイル転送)

セルラー通信を利用した開発を行う場合、追加で下記の準備を行います。

  • アンテナ 2 本 を Wio LTE に取り付ける
  • nano サイズ SIM を Wio LTE に取り付ける

アンテナ 2 本と microUSB を PC に接続した様子

SIM の取り付け方については LTE モデム搭載プロトタイプ向けデバイス「Wio LTE」への素朴な疑問へのお答え を確認してください

センサーを利用した開発を行う場合、追加で下記準備を行います。

  • センサーを Wio LTE に取り付け ※取り付ける位置はセンサーの種類によって変化します。取り付けるセンサーのマニュアルを確認してください

下記は「ブザー (左)」と「GPS (右)」を取り付けた例です。

Wio LTE の通常モード と DFU モード

Wio LTE は 2 つのモードを持っています。

  1. 書き込まれたプログラムを実行する「通常モード」
  2. プログラムを書き込むことができる「DFU モード」

これらのモードの切り替えは Wio LTE 上の RST ボタン と BOOT ボタン の組み合わせで行います。各ボタンの位置は下記のとおりです(Wio LTE の表裏にボタンがあるため、横からみた図で確認してください)。この操作は Wio LTE の開発で何度も行います。

通常モードでの動作のさせ方

microUSB を PC 等に接続して電源が供給されると Wio LTE は 通常モード で起動します。もしくは、起動中の Wio LTE の RST ボタン を押すと、通常モードに移行します。

RST ボタンを利用した通常モードへの移行動画

動画では microUSB 接続をしていませんが、実際は接続した状態で行ってください。

DFU モードでの動作のさせ方

microUSB を PC 等に接続して電源が供給された「通常モード」の Wio LTE に対して、下記操作を行います。

  1. BOOT ボタン を押し、押し続けます
  2. RST ボタン を押し、離します
  3. 押し続けていた BOOT ボタン を離します

DFU モードへの移行動画

動画では microUSB 接続をしていませんが、実際は接続した状態で行ってください。

各モードの確認方法

これらは依存するソフトウェアのインストールが完了してから確認できます。

Windows の場合

通常モード

デバイスマネージャの ユニバーサル シリアル バス デバイス の一覧に STMicroelectronics Virtual COM Port が表示されていれば、通常モードで動作しています。

DFU モード

デバイスマネージャの ユニバーサル シリアル バス デバイス の一覧に STM32 BOOTLOADER が表示されていれば、DFU モードで動作しています。

macOS の場合

通常モード

システム情報の USB の一覧に STM32 Virtual ComPort in FS Mode が表示されていれば、通常モードで動作しています。

DFU モード

システム情報の USB の一覧に STM32 BOOTLOADER が表示されていれば、DFU モードで動作しています。