Soracom

Users

スタートガイド

RUT240 に接続したデバイスに遠隔からアクセスする

Teltonika RUT240 に接続したデバイスに遠隔からアクセスできます。ここでは Teltonika RUT240 に Wi-Fi で接続した Raspberry Pi (Raspberry Pi OS) へ Napter を利用して接続します。

あらかじめ Teltonika RUT240 をセットアップして電源を入れてください

Teltonika RUT240 のセットアップが完了していない場合は、セットアップする を参照してください。

Raspberry Pi の無線 LAN インターフェース (wlan0) で Teltonika RUT240 に接続する

Raspberry Pi の無線 LAN インターフェース (wlan0) の設定ファイルを修正して、Teltonika RUT240 に接続します。

  1. Raspberry Pi にログインし、ネットワーク設定を取得します。

    {SSID} および {パスワード/暗号キー} は、Teltonika RUT240 の底面に記載されています。

    $ wpa_passphrase {SSID} {パスワード/暗号キー}
    
    network={
            ssid="RUT240_xxxx"
            #psk="XXXXXXXX"
            psk=0d11798edc2f2...
    }
    
  2. /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf を編集します。

    $ sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
    

    以下のように編集します。

    • ssid#pskpsk には、手順 1 で取得したネットワーク設定を入力します。
    ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
    update_config=1
    country=JP
    
    network={
            ssid="RUT240_xxxx"
            #psk="XXXXXXXX"
            psk=0d11798edc2f2...
    }
    
  3. Raspberry Pi を再起動します。

    $ sudo shutdown -r now
    

    再起動すると、Raspberry Pi から Teltonika RUT240 に接続できます。

    無線 LAN インターフェース (wlan0) を無効化して有効化する方法もあります

    再起動しなくても、無線 LAN インターフェース (wlan0) を無効化して有効化すると、新しい設定が有効になります。

    $ sudo ifdown wlan0
    $ sudo ifup wlan0
    

    次に、Raspberry Pi の IP アドレスを確認します。

  4. Teltonika RUT240 と接続した PC でブラウザを起動して、http://192.168.1.1 にアクセスします。

    ログイン画面が表示されます。

  5. [Username] および [Password] を入力して、[LOG IN] をクリックします。

  6. [Status][Network][LAN] の順にクリックして、Raspberry Pi の IP アドレスを確認します。

  7. Raspberry Pi の IP アドレスを指定して SSH で接続し、Raspberry Pi にログインします。

    $ ssh pi@192.168.1.xxx
    
    pi@192.168.1.xxx's password:
    
  8. Raspberry Pi が SORACOM に接続していることを確認します。

    $ ping -c 4 pong.soracom.io
    
    PING pong.soracom.io (100.127.100.127) 56(84) bytes of data.
    64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=1 ttl=64 time=39.4 ms
    64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=2 ttl=64 time=50.7 ms
    64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=3 ttl=64 time=47.8 ms
    64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=4 ttl=64 time=45.8 ms
    
  9. Raspberry Pi の無線 LAN インターフェース (wlan0) の MAC アドレスを確認します。

    $ ifconfig
    
    (省略)
    wlan0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
            inet 192.168.1.xx  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.1.255
            inet6 fe80::xxxx:xxxx:xxxx:xxxx  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
            ether dc:xx:xx:xx:xx:xx  txqueuelen 1000  (イーサネット)
            RX packets 860  bytes 73221 (71.5 KiB)
            RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
            TX packets 451  bytes 72094 (70.4 KiB)
            TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0
    

    wlan0ether の次に表示されている文字列 (例: dc:xx:xx:xx:xx:xx) が無線 LAN インターフェース (wlan0) の MAC アドレスです。

Raspberry Pi の無線 LAN インターフェース (wlan0) の IP アドレスを固定する

Raspberry Pi で Teltonika RUT240 の DHCP サーバーを利用している場合は、Teltonika RUT240 の設定で Raspberry Pi の IP アドレスを固定できます。

  1. Teltonika RUT240 と接続した PC でブラウザを起動して、http://192.168.1.1 にアクセスします。

    ログイン画面が表示されます。

  2. [Username] および [Password] を入力して、[LOG IN] をクリックします。

  3. [MODE] をクリックして、「ADVANCED」に変更します。

  4. [Network][Interfaces][Static Leases][ADD] の順にクリックします。

  5. 以下の項目を設定します。

    項目説明
    [MAC]Raspberry Pi の無線 LAN インターフェース (wlan0) の MAC アドレスを入力します。例: dc:xx:xx:xx:xx:xx
    [IP]Teltonika RUT240 の配下の任意の IP アドレスを入力します。例: 192.168.1.xxx
    [DESCRIPTION]任意の説明を入力します。例: RaspberryPi

  6. [SAVE & APPLY] をクリックします。

    今後 Raspberry Pi に割り当てられる IP アドレスが、[IP] に入力した IP アドレスに固定されます。

    必要に応じて、[MODE] をクリックして、BASIC モードに切り替えてください。

  7. Raspberry Pi の IP アドレスを更新するために、Raspberry Pi にログインして、再起動します。

    $ sudo shutdown -r now
    

    再起動すると、Raspberry Pi の無線 LAN インターフェース (wlan0) に新しい IP アドレスが割り当てられます。

    無線 LAN インターフェース (wlan0) を無効化して有効化する方法もあります

    再起動しなくても、無線 LAN インターフェース (wlan0) を無効化して有効化すると、新しい IP アドレスが割り当てられます。

    $ sudo ifdown wlan0
    $ sudo ifup wlan0
    
  8. あらためて Raspberry Pi にログインして、以下のコマンドを実行します。

    Raspberry Pi にログインする際、IP アドレスを指定する場合は、手順 5 で入力した IP アドレスを指定してください。

    $ ifconfig
    
    (省略)
    wlan0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
            inet 192.168.1.xx  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.1.255
            inet6 fe80::xxxx:xxxx:xxxx:xxxx  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
            ether dc:xx:xx:xx:xx:xx  txqueuelen 1000  (イーサネット)
            RX packets 860  bytes 73221 (71.5 KiB)
            RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
            TX packets 451  bytes 72094 (70.4 KiB)
            TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0
    

    inet の次に表示されている文字列 (192.168.1.xx) が手順 5 で入力した IP アドレスになっていることを確認します。

Teltonika RUT240 の Port Forwards を設定する

Teltonika RUT240 の任意のポート (例: 10000) への通信を、Raspberry Pi (例: 192.168.1.xxx) の SSH ポート (例: 22) に転送するように設定します。

  1. Teltonika RUT240 と接続した PC でブラウザを起動して、http://192.168.1.1 にアクセスします。

    ログイン画面が表示されます。

  2. [Username] および [Password] を入力して、[LOG IN] をクリックします。

  3. [Network][Firewall][Port Forwards] の順にクリックします。

  4. 以下のように設定します。

    項目説明
    [NAME]任意です。わかりやすい名前を設定します。例: Napter to Raspberry Pi
    [EXTERNAL PORT]RUT240 が WAN 側からの通信を待ち受けるポート番号です。任意のポート番号 (*1) を入力します。例: 10000
    [INTERNAL IP ADDRESS]Raspberry Pi の無線 LAN インターフェース (wlan0) の IP アドレスを選択します。例: 192.168.1.xx (xxxxxxxxxx.lan)
    [INTERNAL PORT]Raspberry Pi の SSH ポートの番号を入力します。例: 22
    [プロトコル]「両方」を選択します。
    • (*1) Napter (オンデマンドリモートアクセス) を作成するときに入力するポート番号です。このあとの手順で、[オンデマンドリモートアクセス][デバイス側ポート] に入力するポート番号と、同じ値を入力します。

  5. [ADD] をクリックします。

  6. [SAVE & APPLY] の順にクリックします。

SORACOM Napter (オンデマンドリモートアクセス) を設定して Raspberry Pi にアクセスする

  1. IoT デバイスに SSH ログインする の手順に従って、Napter を利用して Raspberry Pi に SSH でログインします。

    • Teltonika RUT240 に取り付けた IoT SIM を選択します。
    • オンデマンドリモートアクセス画面では以下のとおりに設定します。
      項目説明
      [TLS]チェックを外します。チェックを入れると、SSH ログインできません。SSH では通信は暗号化されるため、セキュリティ上も問題ありません。
      [デバイス側ポート]Teltonika RUT240 の Port Forwards を設定する[EXTERNAL PORT] に入力したポート番号と、同じ値を入力します。
      [アクセス可能時間]リモートアクセスする時間を任意に指定します。指定した時間を経過するとリモートアクセスはできなくなります。最大で 8 時間です。
      [アクセス元 IP アドレスレンジ]リモートアクセスする側 (SSH コマンドを実行する PC など) の IP アドレスレンジを指定します。操作している PC のグローバル IP アドレスを指定する場合は、空欄のままにします。
  2. オンデマンドリモートアクセス画面の [SSH][] をクリックします。

    SSH コマンド (ssh -p xxxxx user@xx-xx-xx-xxx.napter.soracom.io) がクリップボードにコピーされます

  3. user の部分を Raspberry Pi のユーザー名 (例: pi) に変更して実行します。

    $ ssh -p xxxxx pi@xxx-xxx-xxx-xxx.napter.soracom.io
    
  4. yes を入力して Enter キーを押し、パスワードを入力して Enter キーを押します。

    Raspberry Pi にログインできます。

Raspberry Pi にログインできない場合は、FAQ: SORACOM Napter トラブルシューティングガイド を参照してください。