MENU

Soracom

Users

セットアップする

産業用 LTE ルーター Teltonika RUT240 で SORACOM Air for セルラーをご利用いただくまでの必要最低限の手順をご紹介します。

アンテナを取り付ける

同梱のアンテナ 3 本 (セルラーアンテナ x 2, Wi-Fi アンテナ x 1) を本体に取り付けます。「Teltonika RUT240 のアンテナ端子の上部」と「アンテナ」にそれぞれ MOBILE/WiFi とプリントされているので対応するアンテナを取り付けます。

アンテナの取り付け

SIM を挿入する

同梱の SIM ピンで SIM トレイ横のボタンを押して SIM トレイを取り出し、SORACOM IoT SIM (標準サイズ) を端子面を上にしてトレイにセットします。

SIM ピンでボタンを強く押しすぎると SIM トレイが出てこなくなることがあります。もしボタンが機能しなくなった場合は無理に SIM トレイを開けようとせず、サポートチケットにてお問い合わせください。

SIM の挿入 1

続いてトレイを本体に戻します。カチッと音がするまで押し込んでください。

SIM の挿入 2

電源を入れる

AC アダプタを接続すると自動で電源が入ります。筐体のインジケータでモバイル接続の種類 (2G/3G/4G) や電波状況が見られます。起動時はこれらが周期的に点滅しますが、しばらくすると接続状態に応じた点灯に変わりますのでそれまでしばらく待ちます。

電源を入れる

APN を設定する

続いて Wi-Fi もしくは有線 LAN で PC と Teltonika RUT240 を接続し、Web 管理画面にアクセスして初期設定を行います。 Web ブラウザを起動し (Wi-Fi/有線いずれの場合も) 192.168.1.1 にアクセスします。ログイン画面が表示されたら以下の初期ユーザー設定でログインします。

  • ユーザー名 : admin
  • パスワード : admin01
有線 LAN で接続する場合は、LAN ケーブルを筐体の LAN 側のポートに挿入してください。
Wi-Fi の SSID/パスワードは筐体裏面に記載されています。

Web 管理画面へのログイン

パスワードの変更が促されるので、任意のパスワードに変更します。

パスワードは 8 文字以上、大文字・小文字・数字をそれぞれ最低 1 文字以上含む必要があります。

パスワード変更

パスワードを変更すると初期設定ウィザードが表示されます。初期設定ウィザードが表示されず、 Status Overview 画面が表示された場合は System タブSetup Wizard をクリックすると初期設定ウィザードが表示されます。

最初にタイムゾーンを設定して Next をクリックします。

タイムゾーンの設定

Mobile Configuration (モバイル接続設定) の画面では、APN を設定します。初期設定では Auto APN (APN 自動設定) が有効になっています。

APN 自動設定

Auto APN のチェックを外して手動で以下のように設定します。

  • APN : custom
  • Custom APN : soracom.io (plan-DU の場合は du.soracom.io)
  • Authentication method : CHAP または PAP
  • Username : sora
  • Password : sora

APN 設定

以降は必要に応じて設定します。

LAN の設定では Teltonika RUT240 の LAN 側の IP アドレス、DHCP の利用有無などを設定します。環境に合わせて設定してください。

LAN 設定

Wi-Fi を利用する場合、 WiFi ConfigurationCountry Code の一覧には JP (日本)がありませんが、日本で使用する場合は初期値の 00 - World を選択してください。

Wi-Fi 設定

RMS (Remote Management System) は Teltonika 製品を遠隔監視・管理するツールです。当セットアップガイドでは設定は変更せずに Finish をクリックします。

Connection state に Failure と表示されているのは、RMS 設定がされていないためです。SORACOM への接続には必須ではありませんのでそのまま Finish をクリックして問題ありません。RMS の詳細についてはメーカーの マニュアル を参照ください。

RMS 設定

設定の反映が完了すると Overview 画面が表示されます。 MobileData Connection が接続時間の表示であれば、正常に接続できています(接続に失敗する場合は Disconnected と表示されます)。

ステータス確認

また、Teltonika RUT240 に接続した PC から ping pong.soracom.io を実行することで、SORACOM プラットフォームに接続できていることが確認できます。

$ ping pong.soracom.io
PING pong.soracom.io (100.127.100.127) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=1 ttl=64 time=39.4 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=2 ttl=64 time=50.7 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=3 ttl=64 time=47.8 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=4 ttl=64 time=45.8 ms

ファームウェアをアップデートする

最後に Teltonika RUT240 のファームウェアを最新バージョンにアップデートします。 System タブFirmware をクリックします。

ファームウェアアップデート画面

現在インストールされているファームウェアのバージョンが表示されます。 Check for new FW ボタンをクリックするとアップデート可能なファームウェアのバージョンが表示されます。 Firmware versionNo update available. と表示された場合は既に最新バージョンのファームウェアがインストールされているため、以降の操作は不要です。

アップデート可能なファームウェアの確認

Firmware version にファームウェアバージョンが表示された場合は、 Upgrade ボタンをクリックしてください。ファームウェアイメージが Teltonika RUT240 にアップロードされ、製品との互換性やアップロードに問題がなかったか確認が行われます。

ファームウェアイメージのアップロードと検証

ファームウェアイメージに問題がない場合は以下の画面が表示されますので、 Upgrade をクリックしてアップデートを開始します。

ファームウェアアップデート

以上でファームウェアのアップデート操作は完了です。最新のバージョンにファームウェアがアップデートされていることを確認してください。

ファームウェアアップデートの確認

定期的に上記の操作を実施してファームウェアを最新バージョンにアップデートしてください。ファームウェアの更新履歴は RUT240 Firmware Downloads を参照してください。