Soracom

Users

スタートガイド

SORACOM プラットフォームを利用した開発を始める

リファレンス

SORACOM プラットフォームは開発者の皆様にも広く公開されていますので、IoT デバイスにおいてこれまでにない自由自在なデータ通信コネクティビティをプログラマブルにご利用いただけます。

SORACOM プラットフォームを利用した開発を行っていただくには、SORACOM の利用を始める で解説している各ステップを完了し、IoT SIM で実際に通信を行うことができている必要があります。

SORACOM プラットフォームの各サービスは API で制御可能です。Development Tool を用意していますので、すぐに開発を始めることができます。

SIM を利用できるデバイスと開発環境を用意 

SORACOM プラットフォームのご利用にあたっては、お客様ご自身で SIM フリー端末もしくは 3G/LTE SIM を搭載可能な IoT デバイスをご用意していただく必要があります。その機器に対応した開発環境もお客様ご自身でご用意ください。

また、機器の SIM 形状 (ナノ/マイクロ/標準) をご確認いただき、適切な形状の SORACOM IoT SIM を購入 してください。

Development Tools をダウンロード 

Development Tools ダウンロードページ より、お客様の環境に対応した Development Tool をダウンロードしてください。

SORACOM API 利用ガイド には、Development Tool を用いる上でも参考になる概念や API を利用した自動化のサンプル (SIM の発注から管理を自動化する ) が説明されていますのでぜひご一読ください。

もしも対応する Development Tool が存在しない場合は、API リファレンス を参考に、REST API を呼び出していただくことができます。