MENU

Soracom

Users

機能の説明

ビーコン対応 GPS トラッカー GW の送信先

ビーコン対応 GPS トラッカー GW の送信先は Unified Endpoint です。Unified Endpoint とは、統合された一つのエンドポイントで SORACOM Beam、SORACOM Funnel、SORACOM Funk、SORACOM Harvest Data へデータを送信できます。

ビーコン GW は Unified Endpoint へ UDP で送信しています。SORACOM Beam へ転送する際は UDP → HTTP/HTTPS エントリポイント を利用してください。Unified Endpoint 以外への送信、UDP 以外のプロトコルでの送信はできません。

ビーコン対応 GPS トラッカー GW から送信されるペイロード

ビーコン対応 GPS トラッカー GW から送信されるペイロードはバイナリ形式です。 バイナリパーサー を利用して JSON 形式に変換します( 送信されるデータフォーマット)。さらに、SORACOM Orbit を利用して処理しやすいフォーマットに変換できます。詳細は SORACOM Orbit を使用したフォーマットの変換 を参照して下さい。

バイナリパーサーのフォーマット

後述するキッティングツールの「共通項目」にて表示・コピーできます。キッティングツールによる設定が完了してからコピーしてください。

コピーしたバイナリパーサーのフォーマットは ビーコン GW に取り付けた SIM のグループ設定より登録します。設定手順の詳細は Getting Started を参照してください。

リファレンス: 送信されるデータフォーマット を参照してください。

死活監視機能

type: 2 のパラメータを持ったデータを日次で送信する機能です。送信する時間帯は 1:00 ~ 4:00 の範囲で、個体ごとにランダムに割り振られます。位置情報や BLE センサー情報が送信されるタイミングと重なった場合、死活監視機能のデータは送信されません。

圏外時におけるデータの保持

ビーコン GW は圏外となった際に 199 件までデータを保持します。199 件を超えた場合は、古いデータから破棄されます。以下のようなデータ単位で 1 件とカウントされます。なお、バイナリパーサーで変換された後の JSON 形式で記載されていますが、デバイスからはバイナリで送信されます。詳細は リファレンス: 送信されるデータフォーマット を参照してください。

{
  "type": 1,
  "loc_data": 8034500,
  "lat": 35.6809591,
  "lon": 139.7673068,
  "major_axis": 48,
  "minor_axis": 5,
  "bat": 3,
  "timestamp": 117034525
}
位置測位・BLE / iBeacon からのデータ取得時刻は timestamp パラメータに MMddHHmmss 形式で格納されています。一方で SORACOM Harvest Data にデータを送信する場合タイムスタンプは SORACOM Harvest Data が受信したタイミングとなります。バッファされたデータの取り扱いにはご注意ください。