Soracom

Users

スタートガイド

BLE センサー情報を送信する

当ガイドでは、ビーコン対応 GPS トラッカー GW (以下、ビーコン GW) へ接続する BLE センサーの情報を定期的に送信し、SORACOM Harvest で保存・可視化する方法を説明します。当ガイドの前提は以下の通りです。

ステップ 1: ビーコン GW をセットアップする 

以下のドキュメントを参照して、ビーコン GW をセットアップしてください。

ビーコン対応 GPS トラッカー GW をセットアップする

ステップ 2: キッティングツールで設定する 

データ送信の設定 - 共通項目 

キッティングツールを起動し、[共通項目] を以下のように設定します。各設定項目の詳細は リファレンス: キッティングツール を参照してください。

項目
Step1 利用モードゲートウェイモード (時間指定)
利用時間 1任意の時間 (例では 8:00 ~ 20:00)
Step2 クラウドへの送信項目ビーコン情報を送信する
ビーコンを受信する周期任意の周期 (例では 100 ms)
受信許可時間任意の時間 (例では 100 ms)
RSSI任意の強さ (例では 90 dBm)
Step3 ビーコン情報のクラウドへの送信条件一定期間に一回のみ
時間任意の間隔 (例では 180 秒)

データ送信の設定 - ビーコン項目 

ビーコン項目タブを開き、No.1 の行にて右クリック > [編集] を選択します。

BLE センサーに応じた項目を設定します。ビーコン対応 GPS トラッカー GW スターターキット (BLE 温湿度センサー 3 個セット) に付属しているセンサーの場合、以下のような設定となります。

項目
機種MM - BLEBC7 サンワサプライ
要素 1センサー裏面に記載された 12 文字の英数字
要素 2FFE1 (変更不要)
センサー温度 or 湿度 (例では温度)

同様に他の項目も設定します。最大で 24 つの項目が設定できます。また 1 つのデバイスで「温度」「湿度」など複数のセンサーが利用できる場合、1 つのセンサーを 1 つの項目として設定します。

バイナリパーサーのフォーマットのコピー 

クラウドの送信データフォーマットを表示し、コピーしてテキストエディタなどに控えてください。次のステップで利用します。

ステップ 3: SORACOM Orbit を準備する 

SORACOM Orbit とは、デバイスから送信されたデータを SORACOM プラットフォーム内で加工するサービスです。ビーコン対応 GPS トラッカー GW から送信されたデータを、後続のステップで扱いやすいよう加工するのに利用します。

プログラムのダウンロード 

こちらの リンク より最新版の .wasm ファイルをダウンロードしてください。プログラムの詳細は SORACOM Orbit を使用したフォーマットの変換 に記載されています。

Soralet の作成/WASM モジュールのアップロード 

SORACOM Orbit で使用する WASM モジュールをアップロードするために、その入れ物である Soralet (ソラレット) を作成します。

SORACOM ユーザーコンソールより[Menu]>[SORACOM Orbit]>[Soralet 管理]とクリックして Soralet 管理画面を開きます。

次に[新規作成]ボタンを押し、Soralet の作成ダイアログを開きます。

Soralet ID に beacon-gw-soralet と入力し、[作成]をクリックします。

Soralet 管理画面に作成した Soralet が表示されていることを確認し、作成した Soralet をクリックし、WASM の管理画面を開きます。

WASM の管理画面にて[新しい WASM をアップロード]をクリックし、アップロード用のダイアログを開きます。

ダイアログから先ほどダウンロードした WASM ファイル (soralet-beacon-gps-tracker.wasm) を選択し、アップロードをクリックします。

アップロードが完了すると WASM 管理画面にアップロードした WASM の SRN が表示されます。

ステップ 4: SORACOM グループを設定する 

デバイスから送信されたデータをフォーマットし、SORACOM プラットフォームへ格納するためのグループ設定をします。

  • ビーコン GW からはデータ通信量削減および省電力のため、バイナリ形式でデータが送信されます。読みやすい JSON フォーマットに変換するため、バイナリパーサーを設定します。
  • データを SORACOM Harvest Data (以下、Harvest Data) に保存します。
  • ビーコン対応 GPS トラッカー GW から送信されたデータを、後続のステップで扱いやすいよう加工するために準備した Soralet を設定します。
バイナリパーサー、Harvest Data、Orbit の設定はグループに対して行います
ここでは、グループの設定を変更する操作のみを説明します。グループの仕組みやグループを作成する操作ついて詳しくは、グループ設定 を参照してください。
  1. Sigfox グループのバイナリパーサーを設定します。

    バイナリパーサーの設定について詳しくは、バイナリパーサーを設定する を参照してください。

    なお、[フォーマット] には、先ほど キッティングツールでコピーしたフォーマット を入力します。

  2. 同じ Sigfox グループの SORACOM Harvest Data を設定します。

    SORACOM Harvest Data の設定について詳しくは、Harvest Data を有効化する を参照してください。

  3. 同じ Sigfox グループの SORACOM Orbit を設定します。

    SORACOM Orbit の設定について詳しくは、SIM グループでの使用 を参照してください。

    なお、CODE SRN では、Soralet の作成/WASM モジュールのアップロード で作成した Soralet を指定します。具体的には、SORALET に beacon-gw-soralet、SORALET VERSION に LATEST を指定します。

    また、DIRECTION の uplink にチェックを入れます。

  4. Sigfox デバイスが所属するグループを切り替えます。

    Sigfox デバイスのバイナリパーサー、Harvest Data、Orbit の設定が完了しました。

ステップ 5: 送信されたデータを確認する 

設定情報をビーコン GW へダウンロード 

キッティングツールの「端末へダウンロード」より、設定情報をビーコン GW へダウンロードします。

データの送信 

設定情報ダウンロードの完了次第、設定した頻度でデータが送信されます。なお「位置情報を送信する」を有効にしている場合は、GNSS を受信できる屋外などに移動し、データを送信します。

屋内など GNSS (GPS/GLONASS/みちびき) 衛星を捕捉しにくい環境では、位置情報の精度が悪くなる場合や、位置情報を取得できない場合があります。GNSS の捕捉に時間がかかる場合は、データの送信に遅れが生じる場合があります。また GNSS を捕捉できず位置情報を得られない場合は、データは送信されません。

データの確認 

SORACOM ユーザーコンソールの SIM 一覧画面よりビーコン GW の SIM を選択し [操作] > [データを確認] を選択します。

画面下部へスクロールすると、以下のようなデータが送信されていることが確認できます。データの種類は リファレンス: 送信されるデータフォーマット を参照してください。

{
  "type": 4,
  "bat": 128,
  "timestamp": "002817541412",
  "sns_valid_no": 3,
  "adv_add": "ABCDEF123456",
  "sns1": 16.41796875,
  "sns2": 58
}

次のステップ 

ビーコン GW は Unified Endpoint へデータを送信しているため、SORACOM Harvest Data 以外に SORACOM BeamSORACOM FunnelSORACOM FunkSORACOM Harvest も利用できます。また、SORACOM Harvest Data に格納したデータを SORACOM Lagoon を用いて可視化できます。

ビーコン GW は BLE センサーから受信したデータのほかに位置情報も送信できます。手順は 位置情報を送信する を参照してください。