Soracom

Users

スタートガイド

位置情報を送信する

ビーコン対応 GPS トラッカー GW (以下、ビーコン GW) の位置情報を定期的に送信し、SORACOM Harvest Data で保存・可視化する方法を説明します。

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) ビーコン対応 GPS トラッカー GW を準備する

ビーコン対応 GPS トラッカー GW スターターキット は、1 個から購入できます。

(2) LTE-M 通信に対応した特定地域向け IoT SIM を準備する

plan-D (ナノサイズ) または plan-KM1 (ナノサイズ) を準備してください。なお、以下の製品には、SORACOM 特定地域向け IoT SIM カード plan-D D-300MB (ナノサイズ) が付属しています。

上記以外の特定地域向け IoT SIM (plan-K、plan-DU) や、SORACOM IoT SIM (plan01s、planX3 など) は、利用できません。

(3) Windows PC を準備する

ドライバー、キッティングツールは Windows 専用です。

準備完了

ステップ 1: ビーコン GW をセットアップする

以下のドキュメントを参照して、ビーコン GW をセットアップしてください。

ビーコン対応 GPS トラッカー GW をセットアップする

ステップ 2: キッティングツールで設定する

データ送信の設定

キッティングツールを起動し、[共通項目] を以下のように設定します。各設定項目の詳細は リファレンス: キッティングツール を参照してください。

項目
Step1 利用モードゲートウェイモード (時間指定)
利用時間 1任意の時間 (例では 8:00 ~ 20:00)
Step2 クラウドへの送信項目位置情報を送信する
送信間隔任意の間隔 (例では 180 秒)

バイナリパーサーのフォーマットのコピー

クラウドの送信データフォーマットを表示し、コピーしてテキストエディタなどに控えてください。後続のステップで利用します。

ステップ 3: SORACOM Orbit を準備する

SORACOM Orbit とは、デバイスから送信されたデータを SORACOM プラットフォーム内で加工するサービスです。ビーコン対応 GPS トラッカー GW から送信されたデータを、後続のステップで扱いやすいよう加工するのに利用します。

プログラムのダウンロード

こちらの リンク より最新版の .wasm ファイルをダウンロードしてください。プログラムの詳細は ビーコン対応 GPS トラッカー GW : SORACOM Orbit を使用したフォーマットの変換 に記載されています。

Soralet の作成/WASM モジュールのアップロード

SORACOM Orbit で使用する WASM モジュールをアップロードするために、その入れ物である Soralet (ソラレット) を作成します。

ユーザーコンソールにログインし、[メニュー][SORACOM ORBIT][Soralet 管理] の順にクリックして Soralet 管理画面を開きます。

次に[新規作成]ボタンを押し、Soralet の作成ダイアログを開きます。

Soralet ID に beacon-gw-soralet と入力し、[作成]をクリックします。

Soralet 管理画面に作成した Soralet が表示されていることを確認し、作成した Soralet をクリックし、WASM の管理画面を開きます。

WASM の管理画面にて[新しい WASM をアップロード]をクリックし、アップロード用のダイアログを開きます。

ダイアログから先ほどダウンロードした WASM ファイル (soralet-beacon-gps-tracker.wasm) を選択し、アップロードをクリックします。

アップロードが完了すると WASM 管理画面にアップロードした WASM の SRN が表示されます。

ステップ 4: SORACOM グループ を設定する

デバイスから送信されたデータをフォーマットし、SORACOM プラットフォームへ格納するためのグループ設定をします。

グループの設定

まずはビーコン GW の SIM をグループへ所属させます。ユーザーコンソールの SIM 管理画面 より対象の SIM を選択し [操作] > [所属グループ変更] を選択します。

設定したいグループを新規に作成するか、既存のグループを選択し[グループ変更] をクリックします。

グループを変更できたら、グループ名をクリックして設定します。

バイナリパーサーの設定

ビーコン GW からはデータ通信量削減および省電力のため、バイナリ形式でデータが送信されます。読みやすい JSON フォーマットに変換するため、バイナリパーサーを設定します

[フォーマット] には、先ほどキッティングツールでコピーしたフォーマットを入力します。

SORACOM Harvest Data の有効化

データを格納するため、SORACOM Harvest Data を有効化します

SORACOM Orbit の設定

設定を ON にし、CODE SRN 右側の歯車アイコンをクリックします。

SORALET に beacon-gw-soralet、SORALET VERSION に LATEST を指定します。

DIRECTION の uplink にチェックを入れ、[保存] をクリックします。

ステップ 5: 送信されたデータを確認する

設定情報をビーコン GW へダウンロード

キッティングツールの「端末へダウンロード」より、設定情報をビーコン GW へダウンロードします。

データの送信

GNSS を受信できる屋外などに移動し、データを送信します。

屋内など GNSS (GPS/GLONASS/みちびき) 衛星を捕捉しにくい環境では、位置情報の精度が悪くなる場合や、位置情報を取得できない場合があります。GNSS の捕捉に時間がかかる場合は、データの送信に遅れが生じる場合があります。また GNSS を捕捉できず位置情報を得られない場合は、データは送信されません。

データの確認

SORACOM ユーザーコンソールの SIM 一覧画面よりビーコン GW の SIM を選択し [操作] > [データを確認] を選択します。

マップピンアイコンを選択して地図表示にし、位置情報が取得できていることを確認します。「自動更新」を有効にすることで、SORACOM へのデータ送信に応じて更新されます。

画面下部へスクロールすると、以下のようなデータが送信されていることが確認できます。データの種類は リファレンス: 送信されるデータフォーマット を参照してください。

{
  "type": 1,
  "loc_data": "07414200",
  "lat": 35.68095910695999,
  "lon": 139.76730676352222,
  "major_axis": 176,
  "minor_axis": 41,
  "bat": 3,
  "timestamp": "002816414123"
}

次のステップ

ビーコン GW は Unified Endpoint へデータを送信しているため、SORACOM Harvest Data 以外に SORACOM Beam, SORACOM Funnel, SORACOM Funk も利用できます。また、SORACOM Harvest Data に格納したデータを SORACOM Lagoon を用いて可視化できます。

ビーコン GW は位置情報のほかに BLE センサーから受信したデータも送信できます。手順は ビーコン対応 GPS トラッカー GW で BLE センサー情報を送信する を参照してください。